2017.04.07 02:29|仕事
先日,私が依頼を受けていた交渉案件で,依頼者から「弁護士を変えたい。」と宣告され,結局,私は解任となりました。。。

突然の解任ではなく,依頼者と方針に関して結構揉めていて,あまり具体的な話は書けないですが,依頼者は強硬手段でいくことを望んでいたところで,私が穏便な方針を示していたので,それが不満というのが大まかなところです。

実際,解任されてみて,「これでよかったのかなあ・・・」とあれこれ考え,自分でも反省するところは色々とあります(~_~;)

以前にボス弁護士から,「もっと闘え!」と怒られたことがありましたが,今回の依頼者も,相手方の話に耳など傾けず,もっと闘ってくれる弁護士を求めていたんだろうなと思います。

弁護士に依頼がくるケースは,双方当事者の話し合いがこじれて,鋭く対立している場合がほとんどなので,攻撃的にどんどん相手を追及していく姿勢を見せる弁護士のほうが,まあ頼もしく見えますよね。

もともと私自身,争いごとが好きではないので(その意味で弁護士に向いていないのかもしれないですが。。),なんか裁判とかで争っていると,「このあたりでもう和解するのはどうでしょう?」と円満解決に向かわせようとする傾向があることは,自分でも自覚しています(>_<)

しかし,和解なんて求めていない,徹底的に争いたい依頼者からしたら,「やる気ないの?」「そんなの納得できない!」という気持ちになるだろうなあと思います。

依頼者の意向に沿って,徹底的に争うことが,その人の役に立つことだと割り切るべきなのか,争いを辞めてもらって話し合いで和解することがその人の役に立つことなのか,考えているとなかなか難しいところですね。

「人の役に立つ」とは言っても,実際に依頼者を目の前にして,何がその依頼者にとってベストなことなのか判断するのは難しくて,そもそもどういう解決がいいのかは依頼者自身が決めるべきともいえるので,弁護士は依頼者の意向にすべて沿った形で進めていくべきで,それが「人の役に立つ」ことだと言われても,それが間違いともいえないなと思います。

今回解任されて,あらためて依頼者への対応の難しさを実感したところです。

2017.03.21 23:47|思索
シルバーバーチの霊訓〈1〉

潮文社
売り上げランキング: 7,000

今まで一番感銘を受けた本といえば,シルバーバーチの霊訓で,これを自分の人生の基盤として,常に実践を心掛けたいと思っているのですが,なかなか普段の生活で実践できません(~_~;)

普段の自分の生活を振り返ると,「本当にスピリチュアリスト??」と疑われるような行動は多い気がします(>_<)

仕事でイライラしたり,思いやりに欠けた言動をとったり,他人からの評価や世間体を気にしすぎたり,裁判とかの仕事の結果で一喜一憂したり。。。

その原因を考えてみたところ,シルバーバーチの霊訓を日常生活で常に実践できるほど理解していないからじゃないかと思い至りました。

私がシルバーバーチの霊訓に出会ってから10年以上経つので,霊訓の内容は「知識」としては持っていると思うのですが,それを使いこなせるだけの「理解」には至っていないのかなと思いました。

この「知識」と「理解」との間には,結構差があると思っています。

ちょっと話がずれますが,司法試験受験のときにも,この「知識」と「理解」というのは,自分の中で色々と考えたことがあります。

司法試験は,短答式試験(マーク式)と,論文式試験の両方があって,短答は知識の丸暗記でも対応できるのですが,論文は本当に理解していないと解けない内容になっています。

具体的には,論文試験では,毎年必ず,受験生のおそらく誰も考えたことのないような問題が出されて,その未知の問題に答えられるかどうかが,合否を分けることが多いです。

この未知の問題を解けるかどうかは,基本的知識をきちんと「理解」しているかどうかにかかっていて,司法試験を作成している偉い学者の先生も,「知識」ではなく,「理解」しているかどうかを見たいと言っていたのを覚えています。

基本的知識を単なる「知識」として暗記しているレベルだと,未知の問題には対応できないのですが,基本的知識をきちんと「理解」していれば,それを未知の問題にも応用できる,つまり使いこなせることができるので,自分が見たことのない問題でもその場で考えて,何とか答えを出すことができます。

どうやったら,基本的知識を「理解」するところまで持っていくかは,受験生の悩みの種なんですが,司法試験合格者の割と多くの人が,各科目の信頼できる基本書1冊を選んで,それをとにかく繰り返し読み込むのが重要と言っていました。

なので,私もそれに従って,基本書は手を広げずに1冊に絞り,それを何十回と反復して読み込みましたが,その繰り返しの作業のなかで,ようやくその科目の基本的知識が「理解」できたというレベルまでいったなあと実感しました。

1冊の本を何回も読むのは,本当にしんどいですし,飽きて辞めたくなるのですが,途中で他の本に手を出していたら,結局,「理解」するところまで行かずに,「知識」として持っているというレベルにとどまり,論文試験でも失敗していただろうなあと思います。

話を戻しますが,シルバーバーチの霊訓についても,もっと繰り返し読み込まないと,「理解」する段階まで到達せずに,日常生活で実践,応用することができないんじゃないかと思いました。

普段の生活では,人間関係,お金の問題,将来の不安などの世俗的な問題が次々と押し寄せてくるので,シルバーバーチが言っていることを「知識」として知っているというレベルでは,世俗の方に押し流されてしまうと思います。

そうならないためには,一番信頼できるシルバーバーチの霊訓に絞って,それを繰り返し読むことに集中した方がいいのかなと思います。

スピリチュアリズム関係の本は多くあって,シルバーバーチ以外でも,たとえば,アラン・カルデック,モーゼス,オーエンなど良書もあると思いますが,色んな本に手を出す前に,まずは,シルバーバーチの霊訓についての理解,そしてその実践を最優先にすべきだと思いました。

おそらく何回も繰り返し読んでいる途中で,初見のときのような感動はどんどん薄れて,他の本にも手を出したくなると思いますが,それをぐっと堪えて,とにかくシルバーバーチの霊訓を「理解」して実践することに集中しようかなと思います。

なので,司法試験のときに各科目の基本書1冊を何十回も読んだのと同じように,シルバーバーチの霊訓だけを基本書として,嫌になるぐらい何十回も読み込もうかなと思い至った次第です(^ ^)

2017.03.08 22:27|時事

週刊ダイヤモンドの2月25日号で,弁護士,裁判官,検察官の特集記事があったので,読んでみました(^ ^)

五大法律事務所とか最近急拡大している新興法律事務所とかの記事がメインで,思ったよりも,中小法律事務所の惨状が書かれていないなと思いました。

最近は,弁護士数が急増した結果,弁護士業界の競争が激化していて,それは町弁的な仕事をしている私も実感しているところです(>_<)

他の弁護士が,儲からない事件の依頼を断り,報酬が見込める案件,優良な顧問先等を増やすなどして,何とか事務所経営しているなかで,儲からない(けど人の役に立てる)事件を積極的に受けていくのは,現実問題,そう簡単なことではないです(~_~;)

ただ,今後,どれだけ弁護士業界が激変しても,人の役に立とうという動機を持って奮闘している限り,食べれなくなる,生活が破綻することはない,と信じているので,そこの安心感は大きいなあと思います。

たぶん,シルバーバーチの霊訓という基盤がなかったら,将来への不安は尽きなかったと思いますし,今のこの混沌とした状況に右往左往していたかもしれないです(まあ今も不安感が全くないわけではないですが)。

普段,仕事に追われていると,せっかく理解したはずの霊的真理もどこかに行ってしまいそうになりますが,何とか踏みとどまって,頑張ろうと思います(^ ^)

2017.02.23 01:25|日常
法律相談とかを受けていて,「この人の役に立ちたい!」と強く思うこともあれば,「ああ,この依頼は受けたくないな・・・。」と思うことも結構あります。

たとえば,相手に対する復讐心だけに燃えている人,明らかな嘘ばかりつく人,自分でやっているのに無罪にしてくれと求めてくる被告人などなど,自分にとって好感が持てない依頼者は少なくないです。

こういう依頼者と接していて,「ああ,もう関わりたくない・・・」とか,「早くこの件,終わらせたい・・・」と思ってしまうことが多いのですが,そうなると,「この人の役に立ちたい」という気持ちはどっかに吹っ飛んでしまいます(>_<)

自分が好感を持てる依頼者のために尽くそうと思うことは簡単ですけど,好感が持てない人のために,最善を尽くし続けることが,自分はまだまだ出来ていないなと思います。

「愛の最高の表現は己を思わず,報酬を求めず,温かさすら伴わずに,全てのものを愛することができることです。その段階に至った時は神の働きと同じです。なぜなら自我を完全に滅却しているからです。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)146頁)


シルバーバーチの霊訓を読んでいて,どんな人に対しても,分け隔て無く,愛することができる段階まで達すれば,あえて人の役に立とうなんて思わなくても,全ての人の役に立ちたいという奉仕の精神が自然と生まれてくるのかなと思いました。

自分が好感を持つ人,嫌いな人とか,そういう区別は付けずに,どんな人でも愛せるという心境に達するのは本当に容易ではないですが(>_<)

そんなことを考えているとき,M・H・テスターの以下の言葉を思い出しました。

「憎い相手を愛するのは,確かに難しい。が,・・・相手も神の子である。何かよいものをもっているはずである。その良い面を認めて慈しみの心を向けてやることである。」(『背後霊の不思議』(潮文社)P172)
「誰にだって良い面があるはずである。悪い面には目をつむって,ひたすらにその良い面を見て,いい人だ,いい人だと思ってあげることだ。」(同書P176)


誰と接するときでも,悪い面はとにかく目をつむって,良い面だけを見て,その人に好感を持つようにする。

どんな嫌な人でも一つくらい良いところを見つけて,良い人だと思うように努力する。

そうすることで,嫌だった相手にも,愛せる部分が見えてくれば,その人に対して手を差し伸べること,慈悲,親切,優しさを持って接することは,以前よりも簡単になるんじゃないかなと思いました。

まあ何はともあれ,地道に実践していくしかないですね(^ ^)

2017.02.12 21:38|ビーガン
この前,健康診断があったのですが,その結果がLDLコレステロール値が低すぎて,精密検査が必要というものでした(~_~;)

一昨年に,ラクト・オボ・ベジタリアン(肉、魚は食べないけど、乳製品、卵は食べる)から,ビーガンへと進化したので,コレステロール値がここまで下がったのは,ビーガンが理由というのは間違いなさそうです(>_<)

体重的には痩せ過ぎってほどでもないんですが,LDLコレステロール値が低すぎると,ガンや心筋梗塞のリスクが高まるらしいです(~_~;)

動物虐待とかの観点からしたら,乳製品,卵も避けたいところなのですが,健康を害してもしょうがないので,ラクト・オボ・ベジタリアンあたりが現実的なんでしょうか。

ビーガンでも,食材とか食事のバランスとかに相当気を使えば,健康的な生活が送れるかもしれないですが,実際,そこまでの余裕がないので,結局,不健康になってしまいました(>_<)

なので,とりあえず乳製品,卵は解禁して,コレステロール値を上げようかなと思案中です。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR