2017.02.23 01:25|日常
法律相談とかを受けていて,「この人の役に立ちたい!」と強く思うこともあれば,「ああ,この依頼は受けたくないな・・・。」と思うことも結構あります。

たとえば,相手に対する復讐心だけに燃えている人,明らかな嘘ばかりつく人,自分でやっているのに無罪にしてくれと求めてくる被告人などなど,自分にとって好感が持てない依頼者は少なくないです。

こういう依頼者と接していて,「ああ,もう関わりたくない・・・」とか,「早くこの件,終わらせたい・・・」と思ってしまうことが多いのですが,そうなると,「この人の役に立ちたい」という気持ちはどっかに吹っ飛んでしまいます(>_<)

自分が好感を持てる依頼者のために尽くそうと思うことは簡単ですけど,好感が持てない人のために,最善を尽くし続けることが,自分はまだまだ出来ていないなと思います。

「愛の最高の表現は己を思わず,報酬を求めず,温かさすら伴わずに,全てのものを愛することができることです。その段階に至った時は神の働きと同じです。なぜなら自我を完全に滅却しているからです。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)146頁)


シルバーバーチの霊訓を読んでいて,どんな人に対しても,分け隔て無く,愛することができる段階まで達すれば,あえて人の役に立とうなんて思わなくても,全ての人の役に立ちたいという奉仕の精神が自然と生まれてくるのかなと思いました。

自分が好感を持つ人,嫌いな人とか,そういう区別は付けずに,どんな人でも愛せるという心境に達するのは本当に容易ではないですが(>_<)

そんなことを考えているとき,M・H・テスターの以下の言葉を思い出しました。

「憎い相手を愛するのは,確かに難しい。が,・・・相手も神の子である。何かよいものをもっているはずである。その良い面を認めて慈しみの心を向けてやることである。」(『背後霊の不思議』(潮文社)P172)
「誰にだって良い面があるはずである。悪い面には目をつむって,ひたすらにその良い面を見て,いい人だ,いい人だと思ってあげることだ。」(同書P176)


誰と接するときでも,悪い面はとにかく目をつむって,良い面だけを見て,その人に好感を持つようにする。

どんな嫌な人でも一つくらい良いところを見つけて,良い人だと思うように努力する。

そうすることで,嫌だった相手にも,愛せる部分が見えてくれば,その人に対して手を差し伸べること,慈悲,親切,優しさを持って接することは,以前よりも簡単になるんじゃないかなと思いました。

まあ何はともあれ,地道に実践していくしかないですね(^ ^)

2017.01.03 20:58|日常

「健康とは肉体と精神と霊が三位一体となった時の状態です。三者が調和した状態が健康なのです。そのうちの一つでも調和を乱せば,そこに病いという結果が生じます。」(近藤千雄編『古代霊は語る シルバー・バーチの霊訓より』213頁(潮文社))


この年末年始は,ウイルス性胃腸炎で倒れてました(T_T)

今回もそうですが,連休に入る直前から体調が悪くなり出して,連休は風邪でダウンするみたいなパターンが私は結構多いです(~_~;)

「もうすぐ連休だし休める(^ ^)」と思った途端に,緊張の糸が切れて,何か張り詰めていた気持ちが緩んで,普段の不摂生な生活とかの影響がどっと出てしまうという感じかなあと思います。

なので,この年末年始は,自宅療養ということで,ずっと寝てみたり,久しぶりに映画見たり,小説読んでみたりとダラダラしていました(>_<)

昨年1年間も,常に何かに追われているような生活だったので,ここで一息つくことは必要だったのかなあと思ったりします。

今年も,「人の役に立つ」というすごくシンプルな教えを常に実践するよう努めたいです(^ ^)

今年は初詣も行けなかったので,とりあえず昨年行った護国寺(東京都文京区)の写真を最後に載せておきます(^ ^)

護国寺

2016.11.05 23:33|日常
spnl1.jpg

スピリチュアリズム普及会さんの「スピリチュアリズム・ニューズレター」は,以前から参考にしていましたが,創刊号から読み直そうかなと思って,全部印刷してファイリングしてみました(^ ^)

両面印刷したのですが,創刊号から50号まで全部印刷すると,こんな分厚さになるんですね。

印刷してファイリングするだけで,2時間ぐらいかかったので,完成してみて,何か達成感があります(^ ^)

spnl2.jpg

1998年から2010年までの12年間,このニューズレターの発刊を続けられたスピリチュアリズム普及会さんの熱意と労力は,本当に頭が下がる思いです。

50号までの量的な多さだけではなく,内容も相当濃いので,その重みはすごいです。

このニューズレターを超えるような内容の文章を書ける自信は,正直,現在の私には全くないです。

内容について,鵜呑みにすることはしませんが,ニューズレターを批判的精神を持ちつつ読み込むことで,スピリチュアリズムの理解は格段に進むんじゃないかなと思います。

こういう勉強材料があるのは,有り難いですし,感謝ですm(_ _)m

ところで,スピリチュアリズム普及会さんって,どういうメンバーで運営しているのかと思って,調べて見たところ,以下のとおりのようですね。

「私たちのサークルは、中年・老年が大半の熟年サークルです。最年少は43歳、最高齢は75歳に至ります(*2011年現在)。55歳以上が約半数を占め、まさに中年パワー・老人パワーに頼って運営されています。新会員を募っていないので若者がいません。そのため今後メンバーが一人また一人と他界していくにともない、ボランティア活動は縮小することになるでしょうし、やがてはサークル自体も自然消滅することになります」(スピリチュアリズム普及会 第1公式サイト「スピリチュアリズム普及会の紹介」http://www5a.biglobe.ne.jp/spk/about_us/index.htm)


スピリチュアリズム普及会さんが,将来的には自然消滅の予定というのは,残念です(>_<)

普及会のメンバーの方々より,年齢的に下の世代になる私は,どういう形で普及をしていけばいいのか,具体的な考えはまだ全くないですし,普及会さんが現在されているような活動以上のことができるのか未知数ですが,何らかの形で私も貢献できたらと思っています。

私自身,スピリチュアリズムの理解も実践もまだまだという自覚はあるので,地道に頑張っていくしかないですね(^ ^)

2016.10.31 00:11|日常
飲み会のときとかに,「趣味は何ですか?」とか,「土日何やってんですか?」みたいな話題は多いですけど,こういう話題って答えることがなくて,何かいつも困るんですよね(~_~;)

前は,大学のときにフットサルを少しやっていたのと,サッカー見るのが好きだったので,趣味はフットサル,サッカー観戦とか言ってましたが,最近は,フットサル何て全くやってないですし,サッカーも海外組が点取ったときとか,代表戦のときにダイジェストで見るぐらいなので,趣味はサッカー観戦というのも,もはや無理だなあという感じです。

大体,土日でも仕事してることが多いですし,空いてる時間があったら,少しずつスピリチュアリズム関係の本を読んでいるので,それ以外にやっていることって,これといって特にないんですよね。

本当だったら,「趣味というか,自分のライフワークは,スピリチュアリズムの研究と普及です!」ときっぱりと言いたいところなんですが(>_<)

それを言って,「ほほー,それは素晴らしいですね!」みたいなリアクションをしてくれる世の中だったら,どれだけ生きやすい世界なんだと思います。

とはいえ,世間との調和も必要ですし,趣味とかの話で盛り上がって,対人関係を円滑にするというのも重要だと思うので,話のネタになりそうな世俗的な趣味も一つや二つくらいあった方がいいのかあとも思ったり。

ただ,世俗的な趣味に時間かけるの無駄だなという思いもあったりするので,何というか悩ましいです(>_<)

2016.09.10 23:14|日常

「こちらの世界へお出でになれば,大へんな楽しみがあなたを待っております。と申しますのは,霊界には今のあなたには理解できない性質と卓越性をもった音楽が存在するからです。地上でまだ一度もお聞きになったことのないオクターブがあります。シンフォニーもあります。コンチェルトもあります。オーケストラもあります。最高の作曲家や演奏家が無数にいます。地上にはほんのわずかしかおりません。」(『シルバー・バーチの霊訓(十)』104頁(潮文社))



シルバーバーチの霊訓を読んでいると,霊界の音楽の素晴らしさを述べていることがちょくちょくあるので,霊界の音楽ってどんなんだろうなとすごい興味が湧いてきます(^ ^)

地上の音楽とは比較にできないような感じらしいので,聞いたら感動して号泣するぐらいなんですかね(^ ^)

私は,中学生のときから,ギターを始めて,それからずっと音楽が好きで,色々なジャンルを邦楽,洋楽問わず聞いてきたので,好きな曲とかは結構あるのですが,それも霊界の音楽に比べれば,天と地の差があるってことですね(>_<)

ただ,地上の音楽も,

「音楽,なかんずくインスピレーション的な曲は,あなた自身はごく自然な形で作曲しているつもりでも,魂を癒やし慰め刺激し鼓舞する特質を具えるものです。それはそれなりに魂の琴線に触れて,五感を通じて得られるものよりはるかに偉大な生命の荘厳さがあることを認識させます。」(『シルバー・バーチの霊訓(十)』104頁(潮文社))



というふうに述べられているので,地上の音楽も,霊界からのインスピレーションを受けていて,それなりに魂を癒やす効果があるってことですよね。

最後に,私が大学生のときから繰り返し聞いていて,名盤だと思う洋楽アルバムをここでご紹介(^ ^)

painted from memory
painted from memory
posted with amazlet at 16.09.10
Elvis Costello with Burt Bacharach
mercu (2002-03-04)
売り上げランキング: 4,377


美しいメロディーとエルビス・コステロの渋い声がはまっていて,個人的には全曲すごく良くて飽きないです。もしご興味があれば(^ ^)

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR