『嫌われる勇気 ‐自己啓発の源流「アドラー」の教え』

2017.01.28 01:17|書籍紹介
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13

最近ドラマもやってて,ビジネス書の中で年間1位にもなったベストセラー書『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健著,ダイヤモンド社)を今更ながら読んでみました(^ ^)

普段,私は,法律書かスピリチュアリズム関係の本を中心に読んでいますが,それだと偏り過ぎているなあと思っていました。

それで,もうちょっと視野を広げて,世間で今はやっている本でも読んでみるかと思っていたところで,この本が目にとまりました。

この本は,アドラー心理学をきわめた「哲人」と,強い劣等感を持っている「青年」との対話で構成されていて,多くの人が思うであろう疑問を「青年」が代弁して「哲人」に質問していくような感じで,それが非常に読みやすくて,理解しやすいので,そこがベストセラーになった理由なのかなと思いました。

アドラー心理学の特徴は,フロイト的な原因論,つまり,過去の原因が今の人生を決定づけているというような考え方(トラウマなど)を明確に否定すること,自分の過去の経験によって決定されるのではなく,過去の経験について自分自身でどのような意味を与えるかであって,それによって自分の人生を自ら選択していくというように考えるところにあるそうです。

ただ,この考え方って,シルバーバーチが何度も繰り返し言っている「因果律」,原因があれば結果があり,その結果が新しい原因となって,また次の結果を生んでいくという法則と矛盾するんじゃないかと思いました。

さらに,アドラー心理学では,「他者貢献」が必要としているのですが,他者に貢献するのは,「わたしは誰かの役に立っている」と思うことで,自分の価値を実感できるという点にこそ意味があるのであって,自己犠牲をする必要なんてない,といっているのですが,これも利己主義的な感じで,違和感を覚えました(>_<)

しかも,アドラー心理学の目標は,「どうすれば人は幸せに生きることができるのか」ということなのですが,幸せに生きることを考える前に,「何でそもそもこの世に生を受けたのか?」,「生きる意味って何?」,「死んだらどうなる?」といった,もっと根源的な問いを考えるのが先じゃないかと,読みながら何度も思っていました。

ようやくあとちょっとで読み終わるという残り5頁ぐらいのところで,青年が,こんな疑問を哲人に投げかけます。

「人生が連続する刹那であったとき,人生が『いま,ここ』にしか存在しなかったとしたとき,いったい人生の意味とはなんなのでしょうか?わたしはなんのために生まれ,この苦難に満ちた生を耐え抜き,死を迎えるというのでしょうか?その理由が,わたしにはわからないのです。」(本書277頁)


これを見て,「まさにこの疑問をもっと早い段階で出すべきだったのでは?」と思ったのですが,これに対する哲人の回答がなんか貧弱すぎました(>_<)

哲人「人生の意味とはなにか?人はなんのために生きるのか?ある人からこの質問を向けられたとき,アドラーの答えは『一般的な人生の意味はない』というものでした。」(本書277頁)

哲人「アドラーは『一般的な人生の意味はない』と語ったあと,こう続けています。『人生の意味は,あなたが自分自身に与えるものだ』と。」(本書278頁)


本書ではこれで対話が終わっていくのですが,これで納得する人がどれだけいるんだろうと,正直疑問に思いました(~_~;)

ただ,この本がこれだけ売れているところを見ると,「人生の意味」なんかよりも,いまこの瞬間をどれだけ幸せに生きるかという部分が皆の興味なんだろうかと思いました。

正直,この本を読む意味はあんまりなかったかもと思いましたが,いま世間ではどういうことに興味が持たれているのかというのを知ることは,スピリチュアリズムの普及を考えるうえでも重要なことだと思うので,その点では意味があったかなと思いました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR