隣人の騒音

2015.01.31 22:42|日常
ここ1年くらい,隣人の騒音に悩まされています(~_~;)。

深夜に隣から聞こえてくる笑い声や物音で,起こされたことは何回もあります。

こういうときは,どうしても腹が立ってしまいますよね(>_<)。

腹が立つと,「警告書を内容証明郵便で送りつけるしかない!」などと考えて,「民事調停,訴訟等のあらゆる法的手段も辞さない。」といった文案を考えては,「いかん,いかん・・・」と反省しています。

こういう隣人の騒音にどう向き合ったらいいかは,今まで色々考えてきました。

過去に,不動産会社を通じて注意してもらったこともありますが,一時的によくなるだけか,そもそも全く変わらないかのどっちかでした。

こういう場合って,どちらかが引っ越さない限り,問題が最終的に解決しないというケースが多いんだろうという気がします。

ただ,引っ越すという決断もすぐにはできないですよね。

そうなると,ある程度,騒音を我慢しなければいけないということになってきます。

では,どう我慢し,相手に対して寛容でいられるかですね。

まず,心の持ちようとしては,こういう隣人の騒音に悩まされるという状況を学ばせてもらっていると考えるようにします。

こういう状況を経験しないと,気付かないうちに,自分が騒音を出す側になってしまうかもしれない。

騒音に悩まされる被害者側に立って初めて,被害者側の気持ちが分かり,自分が加害者にならないように,気を付けることができる,ということもいえると思います。

そこで,隣人の騒音をあれこれいう前に,まず,私自身が隣人に迷惑をかけないよう,ドアなどは静かに閉め,携帯で話すときは大きな声を出さず,下の階の人のことも考えて足音はあまり出さないように基本靴下を履き,忍び足ぎみに歩く,音楽を聴くにしても基本イヤホン装着など,騒音の発生源をできる限り排除します。

隣人が騒音出してるんだから,こっちも多少うるさくても構わないと考えてしまうと,結局,同じレベルということになってしまいますしね(>_<)。

また,騒音を出す隣人は,私からしたら,全く好意が持てる相手ではないですが,そういう相手に対しても,分け隔て無く接することができるかというのは,魂の発達程度を見る1つの指標である気がします。

そこで,偶然,隣人と会ったりした場合は,自分ができる最大限の爽やかな挨拶で対応するように心がけています(笑)

もちろん,深夜にうるさくされて起こされた翌日に会ったりすると,そう簡単に愛想良く挨拶できるものではありませんが,その心がけは忘れないようにしたいと思います。

スピリチュアリズムを知っているだけでは意味がないので,こういう場面でも,「日々実践」を常に心がけたいと思います(^ ^)。


スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

弁護士の先生が集合住宅にお住まいとはオドロキです。私だったらブラック・ジャックの家みたいなところに住むと思います。

隣人の迷惑に耐えるのが隣人愛かどうかは本人の真心の在り方によるでしょうね。

抗議=人の迷惑を教える(他人への想像力の向上を促す)=隣人愛
耐える=相手の好きにさせる(行動の制限をしない)=隣人愛

どっち?
すべては動機の在り方でしょう。どっちが間違っているなどというジャッジをする資格は、人間には無いと思います。

話は変わるのですが、私は『逆転裁判』というゲームの大ファンなのですが、ご存知ですか?

Re:No title

はじめまして。コメントありがとうございますm(_ _)m

いやいや,集合住宅に住んでいる弁護士は多いですよ(笑)
収入が多い弁護士なんて,一握りですし。

確かに,隣人愛としては,どちらもありえますし,おっしゃるとおり動機しだいですよね。

抗議することによって,人の迷惑を教えることができればいいですが,抗議すると,往々にして,対立関係を生んで,迷惑を教えるという関係性にならなそうだな,と思い,私は,最終的には,後者を選択したしだいです。

あ~,「逆転裁判」聞いたことありますが,全くやったことないです(>_<)

弁護士でもはまっている人がいたので,クオリティ高いんだろうなとは思ってました。



非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR