はじめての筆談

2016.12.13 22:36|仕事
この前、初めて筆談で法律相談をしました(^ ^)

相談者が全く耳が聞こえない方で、手話もできないということだったので、筆談になったのですが、予想以上に筆談は大変でした(>_<)

その相談者は、私の事務所に来る前に何人かの弁護士に断られてしまったみたいなので、「これは断れない(´・_・`)」と思って、受けることにしました。

ただ、いざ筆談をしてみると、本当大変で、文字も書きすぎて途中で手がつりました(>_<)

普段、文書は基本すべてパソコンで作るので,手書きする機会自体が減っていたので、手の筋力が衰えてました(~_~;)

しかも、言おうと思ったことをすぐに伝えられないもどかしさがすごいありました。

日常会話すら簡単に出来ないのに、裁判の準備とかを筆談で全部やるというのは、今後果てしなく時間がかかりそうです(>_<)

ただ、相談者の方は本当に人が良さそうな方で、今回の法律相談が終わったあとも何度もお辞儀をされて、何というか、「この方の役に立ちたい!」という気持ちにはすごくなりました(^ ^)

私にとってこの相談者は好感を覚える方でしたので,この方のために頑張ることは,時間がかかるにしても,そんなに難しいことではないなあと思いました。

「好感を覚える人を愛するのはやさしいことです。そこには徳性も神聖さもありません。好感のもてない人を愛する-これが魂の霊格の高さを示します。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)142頁)


あれやこれや文句ばっかり言ったり、「マンガ早く差し入れしろ!」とかわがままばっかり言って来る刑事被告人のほうが、よっぽど好感を覚えないので、そういう場合の方が,モチベーションを上げるのに苦労しますね(>_<)

今回の筆談のあとに、筆談のコツを調べてみたら、話し言葉をすべて書き出そうとするのではなく、簡潔に単語とかでやった方がいいらしいということでしたので、今度はそんな感じでやってみようと思います(^ ^)

スポンサーサイト

コメント

No title

>紫陽花 様

記事を楽しみにして頂けるのは励みになります!
更新回数も少なく,内容も乏しいブログですが,今後ともご愛読のほどよろしくお願いしますm(_ _)m

No title

>ちりりん様

3回連続のエールありがとうございます(笑)
お言葉どおり,頑張りたいと思います!

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR