スピリチュアリズム普及への思い

2016.05.17 00:45|思索

「あなたも私も,そしてこれに携わる人のすべてがそれぞれに役割分担を担っているスピリチュアリズムの全目的は,人類の魂を呼び醒まして一人でも多くの人間に本当の自分に気づかせること,自分とは一体なにか,誰なのかを知ることによって,ふだんの日常生活の中において霊の本性と属性を発揮することができるように導いてあげることです。」(『シルバー・バーチの霊訓(二)』196頁(潮文社))


何か最近,仕事をしていて,「スピリチュアリズムを知っていれば,こんな争いごとも起きないだろうな・・・。」とか,「スピリチュアリズムを知っていれば,彼もこんな犯罪を犯すこともなかっただろうな・・・。」とか思うことが多いです。

もっと視点を広くしても,戦争,貧困,動物虐待などなど,世界で起きているあらゆる不幸って,スピリチュアリズムを知らないことが原因なのではないかと。

結局,こういう問題の抜本的な解決ということを考えると,スピリチュアリズムの普及しかないんじゃないかなあと,最近あらためて思います。

世界中の皆が,スピリチュアリズムを知り,そして実践している世界って,お互いがお互いのために尽くし合う世界で,それって想像しただけで,笑顔に満ちてて平和な世界なんだろうなと思います。それこそ地上天国ですよね。

そういう世界の実現に一歩でも近づけるように,何か私なりに貢献できないかと思うところです。

いまは匿名でコソコソとブログをしていますが,将来的には実名でスピリチュアリズムの普及活動を本格的にやりたいなあという思いが最近強くなってきました。

おそらくそういう活動をしていくと,私の周りの弁護士や知り合いなども,私から離れていくんだろうということは予想できます(~_~;)

正直,周りの人たちが自分から離れていって孤立することが恐くないと言ったら嘘になりますが,シルバーバーチも言っているように,周りが何といおうと,世間から何といわれようと,自分の良心に従って,普及活動をしていけたらなあと思います。

「世間がどう言おうと,まわりの人が何と言おうと,自分で正しいと思うことをしなさい。その方が都合が良いとか得策だからではなく,心の奥でかくあるべきだと確信したこと,良心がそう命じていることを実行すればよいのです。」(『シルバー・バーチの霊訓(十二)』98頁(潮文社))



今後スピリチュアリズムを普及させるためには,まずもって自分がスピリチュアリズムをよく理解して,日常生活でも常に実践しないとですよね(^ ^)

あと,スピリチュアリズムを理解するためには,もっとスピリチュアリズム関係の本も読まないとと思います。

スピリチュアリズムは実践が第一ですが,スピリチュアリズムを全く知らない人に分かりやすく伝えていくということを考えると,普及する前提として,正しい理解というのが不可欠なんじゃないかなあと思います。

ですので,今後は仕事を通じて日々実践を心掛けるとともに,仕事の合間をぬってスピリチュアリズム関係の本を読み進めていこうと思っています(^ ^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR