ハロルド・シャープ『ペットたちは死後も生きている』

2015.08.29 00:12|書籍紹介
ペットたちは死後も生きている
ハロルド シャープ
日本教文社
売り上げランキング: 7,384


私の知り合いが里親として猫を飼い始めてから,わずか2ヶ月で猫が亡くなってしまい,その知人はかなりショックを受けています。。

何かこういうときに,元気づけてくれる言葉とか本はないかと考えてみました。

まず,シルバーバーチは,ペットの死後について,以下のように言っています。

「人間に可愛がられた動物は,霊界でずっと待っていて,その人が他界してきた時に出迎えます。永遠に消滅することのない個的存在を与えてくれた人ですから,必要なかぎりずっと待っています。存続するのはその個的存在です。」(『シルバー・バーチの霊訓(八)』(潮文社)187頁)



自分が飼っていた動物が,霊界でずっと待っていてくれて,自分が他界すれば出迎えてくれるなんて・・・(>_<)

このシルバーバーチの言葉は,ペットロスで大変な苦痛を受けている人を癒やす言葉だと思うのですが,いきなりシルバーバーチの霊訓を読んでみてというのもあれかなと思い,もっと一般向けの本はないかと探してみました。

そこで発見したのが,本書です(^ ^)

アマゾンで80件以上レビューがあることに,まず驚きました。

著者であるハロルド・シャープ(1891-1981)は,心霊研究家・霊能者・動物愛護家で,英国スピリチュアリスト協会の会員だった方です。

動物たちへのヒーリングもしていたようです。

本書では,いきなり霊媒が出てきたり,ハロルド・シャープの指導霊とコンタクトしている話とかが出てきたりするので,これが一般受けするのかと正直思ってしまいました(>_<)

この本の内容がすんなり多くの人に受け入れられるのなら,シルバーバーチの霊訓ももっと受け入れられていい気がしました。

ただ,本書は,ペットを亡くした飼い主が,他界した後,霊界でペットと再会した話とか,亡くなったペットが地上で物質化してあらわれた話とか,色んなエピソードが載っているので,読みやすいという点はありますね。

文字数もページ数も少なく,本当にさくっと読めます。

全くスピリチュアリズム関係に興味がない人に本書が受け入れられるのか,一抹の不安は感じますが,とりあえず一読してもらって,何か感じるところがあればいいなあと思いました(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR