涙が止まらない・・・

2015.07.31 23:09|アニマルライツ
シルバーバーチの霊訓を読んでいて,久しぶりに,涙が止まらなくなりました(T_T)

私は,泣くことが滅多にないので,このときの気持ちを忘れないようにするため,ブログにも残しておこうと思います。

昨日,夜遅くに仕事から帰ってきて,ふと,『シルバー・バーチの霊訓(八)』(潮文社)第7章「愛すべき仲間たち‐動物」をもう一度読み返してみようと思い立ちました。

ここ最近,動物の権利問題とかに興味が出てきたところなんですが,シルバーバーチは動物について何と言っていたかを,確認してみたくなったからです。

何回か同章を読んだことはありましたが,今まではそれほど動物のことに興味があったわけではなかったので,特に印象に残っている章でもありませんでした。

それで,読み返していると,以下の部分に目がとまりました。

「地上の動物愛護運動の背後には偉大な霊の集団が控えております。そのリーダーといってよい立場にあるのが地上で“アッシジの聖フランチェスコ”と呼ばれていた人物です。霊界において活発にこの運動を展開しており,他界後に身につけた霊力をフルに活用してあなた方の仕事の成就を援助しております。」(219頁)



この部分を読んでいて,ふと,目をつぶって,ここで言われている「偉大な霊の集団」をイメージしていました。

特に何か意味があってそうしたわけではなく,無意識的にそうしていました。

すると,言葉で表現することが本当に難しいのですが,突然,もの凄く巨大で崇高な存在が,微笑みながら温かく後押ししてくれているような,そっとベールのようなもので包みながら後ろからサポートしてくれるような,そんな感覚におそわれました・・・。

以前にこのブログの「シルバーバーチの霊訓との出会い」のところで書いたのと,同じような体験でした。

これにより,私は,感動しすぎて,涙がこぼれ落ちてきて,その後,15分くらい涙が止まらなくなりました(T_T)

私1人で孤軍奮闘しているわけではなく,みんなが後ろから微笑みながら支えてくれている感じ,「一緒に頑張りましょうね!」と凄く優しく語りかけてくれている感じ・・・。

色々表現してみても,適切な表現は見当たらないのですが,このような体験を突然して,私自身,びっくりしました(>_<)

私は,基本,一切泣かないですし,司法試験に合格したときも,涙を一滴も流さなかったタイプです。

シルバーバーチの霊訓に初めて出会ったときは,ブログにも書いたとおり,泣きましたが,その後は,シルバーバーチの霊訓を読んでも,感動はするんですけど,泣くというとこまで至っていませんでした。

それが今回は何でここまで泣けたんでしょう・・・??

動物愛護運動を頑張ってという霊界からのゴーサインだったのでしょうか。

最近,動物の権利問題に興味を持ってきていたので,「動物の権利を守る弁護士っていいなあ。」と漠然と考えたりしていました。

ただ,「動物の権利専門弁護士って聞いたことないぞ。」,「第一,自分はペットすら一度も飼ったことないし,犬とか猫と触れあった経験もないしな。」「ペットに関する法律相談も一度も受けたことないぞ。」とか色々考えて,それを専門にするというよりかは,仕事の傍ら,趣味的に動物の権利問題を勉強するぐらいの感じでいいんじゃないかとも考えたりしていました。

しかし,強すぎると思っていた自分の涙腺が,今回,突然崩壊したことを受けまして,その意味を考えてみました。

シルバーバーチの霊訓に出会ったときも結構泣きましたけど,15分も泣き続けるということはなかったです。

そうすると,物心ついてから,今回が一番泣いたんじゃないでしょうか。

正直,この体験が霊的体験なのか分からないですし,「偉大な霊の集団」をイメージして,自己暗示的にこういう体験を作り出したのかよく分からないですけど・・・。

私としては,「動物の権利を守る弁護士」を目指すかどうかで,迷っていた時期に,こういう体験をしたので,「その方向でOK」と霊界から後押ししてくれたんじゃないかと勝手に解釈することにしたいです。

これから,動物の権利問題を必死に勉強していきたいと思います!

スポンサーサイト

コメント

聖フランチェスコ

私もシルバーバーチが語ったこの部分で大泣きしました。

「シルバーバーチはさらに、かのイタリヤの大聖人アッシジの聖フランチェスコもその場に来ていると述べてから――
驚いたでしょ? この人はすべてのものに愛を抱いている方です。今も、物言わぬ生きものたちの救済のために、霊界で活躍しておられます。動物は、進化の途上における人間の仲間として地上へ送られているのです。それが今しばしば虐待され、苦役(くえき)に駆り立てられ、そして、人類にとって何の益にもならない知識を得るための実験に使用されております。・・・霊的新時代の到来P204」


聖フランチェスコの紹介は僅か一文ですが、彼の偉大さに圧倒されました。私もすべてのものに愛を抱けるようになりたい、と強く思います。

spilawさんの日記を読んで思い出しました^^

No title

ちりりん様も大泣きされたんですね(^ ^)

アッシジの聖フランチェスコに言及している部分って,何か惹きつけられますよね。

『霊的新時代の到来』は手元になかったので,ご指摘ありがとうございます。

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR