ビーガンという選択

2015.07.11 01:27|日常
以前,私は,ラクトオボ・ベジタリアン(肉や魚は避けるけど乳製品や卵は食べる)と書きましたけど,最近は,ビーガン(肉,魚だけでなく,卵や乳製品も食べない)になりつつあります。

なんでビーガンなのかというと,卵や乳製品も,結局,動物虐待の結果だと思えてきたからです。

「バタリーケージを採用している割合は、日本は95%~98.9%だ。ほとんどの卵がバタリーケージで苦しむ鶏が身を削って産み落とした卵・・・(省略)・・・
今も日本中で17億羽の鶏たちが、このストレスフルな状況を耐え忍んでいる。
そして、1年ほど卵をうみ続けたのち、廃鶏と呼び名が変わり、出荷され殺され、肉にされる。その肉の多くは、ミンチにされハンバーグやハムなどの加工品、レトルト食品、スープの素にされている。」
(NPO法人アニマルライツセンター「バタリーケージ:日本の状況を知ろう」
http://www.hopeforanimals.org/animals/tamago/00/id=235)


「乳牛は、搾乳が始まるとほぼ死ぬまで牛舎の中につながれたままとなるので、運動不足で足も細くなり、重い体重を支えきれなくなって、しばしば関節炎を起こします。関節炎で立てなくなった牛は、トラックに乗せてと畜場まで運ぶことが困難なため、そのまま水や餌を与えず衰弱死させることもあります。」
(NPO法人 地球生物会議 ALIVE「搾り取られる乳牛の短い一生」
http://www.alive-net.net/animalfactory/fact/nyugyu.html



これらの記事について,根拠があるのかどうか検証したわけではありませんが,これらが事実だとすると,本当にいたたまれないです・・・。

何とかこの状況を変えられないものか・・・,と強く思いました。

そして,少しでも動物の犠牲を減らすため,卵や乳製品もやめようという気になりました。

鶏とか牛とかの上記のような悲惨な状況と,今食べようとする卵や乳製品が,自分のなかで結びついたとき,もう何か食べる気がなくなりました。

ただ,ビーガンとなると,ラクトオボ・ベジタリアンのときより,さらに食事の選択肢が狭まって,外食がかなり難しくなりますね(>_<)

多くの人がビーガンになり,巷にビーガン・レストランが溢れていたら,どんなに生きやすいんだろうと考えたりしますが,現状を嘆いても仕方ないので,まずは自分がしっかりビーガンライフを送り,それを少しずつでも,何らかの形で広めていけたらいいなあと思います(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

No title

バタリーケージっていうのですね。知りませんでした。が、鶏を押し込めて卵を産ませるというのは残酷に思えて、我が家では既に平飼い卵に変更しています。私だけですがビーガン目指しています。アニマルライツセンターも全く知りませんでした。教えて頂きありがとうございました。

過去のブログをざっと読ませていただきました。spilawさんは、仕事を選別する際の視点が素晴らしいです。姉にも、仕事を引き受ける時の基準は動機であってほしいと思いますが、中々難しいように思います。これまで姉にスピリチュアリズムについて話したことはありません。スピリチュアリズムを知ってしまったら仕事が出来なくなるかも、と恐れたからです。でも、spilawさんも頑張っていらっしゃいますし、姉にも真理の種を蒔けたらと夢膨らみます。このブログ本当に勉強になります。ありがとうございます。

No title

ちりりん様

コメントありがとうございますm(_ _)m
勉強になると言って頂けるのは,うれしいです(^ ^)

既に平飼い卵を導入されているとは。

私も,知り合いの弁護士などに,スピリチュアリズムの話をしたことはないので,お姉様がどういう反応を示されるかは未知数ですね。

けれど,法曹になろうという人の動機の一部には,人の役に立ちたいという気持ちが多かれ少なかれあるように感じます。

実際,法曹になってしまうと,その気持ちを忘れてしまう人が多いと思いますが,何かのきっかけで,その初心を思い出すこともありうると思います。

そのきっかけが,ちりりん様の種蒔きかもしれないですね。

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR