ベジタリアンの悩み

2015.06.27 02:56|日常
昨日の夜は,弁護士会の集まりがあり,その後,会食となりました。

料理は,コースで色々と出てきて,肉,魚を避けようとすると,ほとんど食べれないという料理でした(~_~;)

しかも,周りには,大御所の先生方もおり,おそらくその先生方が会費をすべて払ってくれるであろうことは察しがつきました(実際,私の負担はありませんでした。)。

そして,周りの先生方が,「ここの黒毛和牛がおいしいんだよ。」などと言っている状況でした。

こういう場面は,本当困ります・・・。

「私は,ベジタリアンなんで,食べられないです。」「肉,魚は好きじゃないです。」などと言える状況には到底なく,結局,ほとんど食べるはめになりました(>_<)

久しぶりに,がっつりと肉を食べた結果,食後かなり気持ち悪くなり,何度か吐きそうになりました・・・。

「やっぱり,ベジタリアンで押し通した方がよかったか・・・?」などと考えたりしますが,やはり周りとの調和も必要なのではないかと思ったりします。

目上の人に奢ってもらうことが明らかな状況で,みなが「おいしい!」と言って盛り上がっている状況で,1人だけ「自分はベジタリアンなんで。」といって,一切肉,魚に手をつけず,ほとんど残して,その場の雰囲気を壊すというのは,どうもできないですし,失礼な気がします。

ベテランの先生方と食事をする場合だけでなく,たとえば,自分より弁護士経験年数が少なくて,後輩にあたるような人と食事に行くような場合も,私がベジタリアンで肉,魚を一切食べないということを後輩が知っていれば,その後輩は,肉や魚が出る店は選択できなくなってしまいます。

そうなると,行ける店はかなり限られてきて,どの店にしようか思い悩むなど,私がベジタリアンであるおかげで,色々と後輩が配慮しないといけないということにもなってしまいます。

それは,私としても,心苦しいです(~_~;)

自分の信念をもっと貫いた方がいいのかなと考えたりもしますが,世俗のなかで生きている以上,他の人との調和は必要で,他人の気分を害することとかお構いなく,自分の信念を貫くことが正しいのかとも考えたりして,悩みます(>_<)

しかも,牛肉が目の前に料理として出てきている時点で,それは既に牛をと殺した結果で,自分が食べずに残したところで,牛のと殺を回避することにもならないとも思います。

色々考えているのですが,私は,現時点では,仕事上,自分がベジタリアンであることは公言せずに,1人で食べるときだけベジタリアンな食生活を送っています。

ただ一方で,自分がベジタリアンであることを公言していって,周りの方にベジタリアンのことを理解してもらう努力をし,少しでもベジタリアンの人が増えたらいいのではないかとも思ったりして,本当に悩ましいですね(>_<)

しかし,具体的に考えてみると,ベジタリアンであることを公言した場合,「なんでベジタリアンなの?」という問いは絶対きます。

その場で,畜産動物のと殺は悲惨だとか,食肉生産をやめれば,地球温暖化問題や飢餓問題の解決につながるとか,色々と説明しても,少なくない人が嫌悪感を示すような気もします。

「肉を食いずらくなる!」「飯がまずくなる!」と内心で思う人もいるかもしれません。

スピリチュアリズムについて全く知らなかった人に対して,スピリチュアリズムの説明をしたときと同じような感じで,まだ受け入れる段階にきていないところへ,いきなり肉食の弊害みたいな話を放り込んでも,拒絶反応を起こすだけな気もします。

「人を見て法を説け。」というように,相手の気質や状況などを考えて,それぞれにあったやり方で,説明する方がいいとも思います。

少なくとも,会食や飲み会などの場で,肉食の弊害とかを説明することが適切であるとは思えないです。

「お肉はもともと好きじゃなくて。」くらいの説明で,肉を回避することなら,許容範囲かもしれませんが,さらに魚も食べないとなると,食べれない料理が多くなり,「好き嫌い多すぎでしょ!?(怒)」と思われるかもしれません。

こう考えていると,他人に嫌われたくない,変な目で見られたくないという意識があるのではないかとも思えてきて,それはあるかもしれませんし,その場の雰囲気を気にしすぎているのかもしれません。

まだまだ考えたりないところが多いので,自分なりにもっと検討してみようと思います。



スポンサーサイト

コメント

No title

初めてコメントいたします。私は今年4月からシルバ・バーチ読書会を知り読み始めたばかりの初心者です。昨年4歳で他界した孫の関係で、武本昌三氏⇒大空澄人氏⇒ちりりんさんのブログからこちらのブログへときました。今回の会食の悩みについてついてですが、僭越ながら興味深く参考になると思われる本がありますので、ご紹介させていただきます。「神からのギフト」スピリチュアルヒーラの山村幸夫さんの本です。1990年から2002年(没)の間ヒーラとして、シルバ・バーチの霊訓どおり無料で活動された方です。その本(p288~289)にどうしても食さなければいけない場合の記述があります。一文取り上げますと「ありがとうございます。あなたの身を供養してくださって、本当にありがとうございます。私の身体の中で、血となり、肉となり、骨となって、第二の人生を歩んでください。ありがとうございます。」と感謝の気持ちでいただくそうです。貴方もおしゃってるように周りの雰囲気や調和も大切ですよね。とてもデリケートな問題かと思います。山村幸夫さんはすでに霊界へ還られておりますがもし良かったら次のホームページもご覧くださいませ。
http://yukio-bruce.sakura.ne.jp/

もしかして山村幸夫さんのことはすでにご存じでしたらごめんなさい。

No title

山本良子 様

コメントありがとうございますm(_ _)m

山村幸夫さんのことは存じ上げておりましたが,『神からのギフト』は読んだことがなく,そのような記述があることも知らなかったので,大変参考になりました。

私は,肉を食べるときに,「食べたくない・・・。」と思いながら嫌々食べているような感じでしたので,感謝の気持ちは希薄でした。

やむなく食するときは,山村さんが述べられているような感謝の気持ちが必要ですよね。

的確なご指摘を頂き,ありがとうございましたm(_ _)m

また思うことありましたら,お気軽にコメントお願い致します。

No title

先日のコメントで山村幸夫さんのホームページのアドレスが間違っていましたので改めて記載させていただきます。

http://yukio-bruce.sakura.ne.jp/
(山村幸夫「神からのギフト」出版会)

編集の方から訂正しようとしましたが上手く出来ませんでしたので。

「神からのギフト」「与え尽くしの愛」どちらも500頁ほどありずっしり重いですが、中身も重厚でしかも、面白くて一気に読めます。訳本も素晴らしいですが日本人が書いたこの本は分かりやすく簡潔で読後は身体の全細胞に沁みわたり充実感となぜか幸福感も感じられます。

spilawさんもたくさんのレベルの高い本を読まれてますが
それらの本にも負けないくらい良書ですよ。

これからもブログ楽しみに読まさせていただきますね。

 

No title

山本良子様

ホームページのご紹介ありがとうございます。

確かに,訳本だと,著者が言いたいニュアンスを行間などから掴むということができないので,日本人が書いた本というのは,貴重だと思いますね。

時間ができたときに,是非読んでみたいと思います。

ありがとうございますm(_ _)m
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR