不倫の慰謝料に関する相談

2015.06.15 01:13|仕事
「夫(妻)の不倫相手に慰謝料請求したい。」という相談は,ときどき受けます。

こういった相談の場合,「夫には不倫したことを厳しく追及したので,とりあえず夫は置いといて,とにかく不倫相手の女が許せないんです!」「あの女に連絡したとき,全く悪びれる様子が無くて本当にむかつくんです!」「あいつを反省させるためにも,裁判で慰謝料請求したいんです!」などと,鬼気迫る勢いで話してくることがあります(~_~;)

とりあえず,こういった報復感情等を一度吐き出してもらい,少し冷静になった段階で,「それで,旦那さんと離婚されるおつもりはないんですか?」と聞いてみます。

夫と離婚するという方向であれば,普通の離婚事件として受任して,夫に対して慰謝料請求するのが筋ですなどと説明します。

しかし,離婚とか夫に対する慰謝料請求ではなく,とにかく不倫相手に慰謝料を請求したいとこだわる方もいます。

しかも,その目的が,報復(仕返し)にあるような場合は,正直,それを弁護士が手助けするのはどうなんだと思い,あまり受けたくないと思ってしまいます(~_~;)

ただ,それを直接伝えると,角が立つので,その断り方を考えたりするのですが,それも簡単ではないですね(>_<)

「不倫の慰謝料は,100万円から300万円程度が相場であるといえますし,そもそも,不倫についての客観的証拠がないと,裁判起こしても勝てません。不倫の証拠を掴むために,探偵,調査会社を使った場合,費用がかなりかかってしまいます。裁判起こすと,弁護士費用もかかりますし,そうすると慰謝料請求することは,費用対効果の点からいっても・・・」などと説明したりして,やんわり断る方向に向かったりします。

しかし,「私はお金をとりたいんじゃないんです!」「あの不倫相手に裁判起こしたいだけなんです!」などと言ってくることがあります。

そうくれば,「いや,裁判を起こす場合は,訴状に相手の住所を書かないといけないですが,相手の住所分からないんですよね?住所特定できないと,なかなか裁判起こすのは難しくて・・・」などと説明したりします。

しかし,次第に私が逃げ腰になっている(受けようとしていない)ことがバレ始め,「じゃあ,もういいです!」と言って怒りながら帰って行く方もいました。

こういう対応でいいのか考えたりしますが,どうも不倫相手に対する慰謝料請求(しかも報復目的)の件は,やりたくないですね(>_<)

こういう場合で弁護士になってよかったと思うのは,自分の考え方に合わない案件の場合,受けたくなければ,断ってもいいという点です。

その相談者の依頼を受けるかどうかは,各弁護士の自由な判断ですし,基本的に誰からも指示を受けることはないです。

私は,先のような相談の場合,依頼者の希望どおり裁判を起こして,報復感情を満たしてあげることが,その依頼者の役に立つこと,人助けになることだとは思いません。

自分の主義・主張に合わない案件はすべて断るとかそういうスタンスでやっているわけではないですが,私としては,あまり他の弁護士がやりたがらない(儲からない)案件で,弱い立場の方々の役に立てる,そういう件にできる限り携わりたいと思ってます(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR