とにかく人の役に立つ

2015.05.05 03:23|思索
シルバーバーチは,人の役に立つことの重要性をしつこいぐらい繰り返し述べています。

「地上で学ぶべきことは人の役に立つということ,これに尽きます。」(『シルバー・バーチの霊訓(二)』(潮文社)(以下,単純に1巻,2巻などといいます。)92頁)

   

「私にとって宗教はたった一つしかありません-人のために自分を役立てるということです。」(3巻122頁)



「地上生活の総決算をする時がきたとき,つまり地上に別れを告げて霊の世界へと移られると,誰がするというものでもなく,自家作用によって,自分で自分を裁くことになります。そのときの判決の基準は地上で何を考えたかでもなく,何を信じたかでもありません。世の中のためにどれだけ自分を役立てたかということです。」(7巻87頁)



「私は,“十戒”ならぬ“一戒”しか持ち合わせておりません。“お互いがお互いのために尽くしあうべし”-これだけです。」(『シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ』(ハート出版)(以下,単に「メッセージ」といいます。)155頁)



「人のために役立つことをする-これが他のすべてのことに優先しなくてはなりません。」(『シルバーバーチ最後の啓示』(ハート出版)47頁)



人の役に立つということは,本当に単純な真理ですよね(^ ^)

人の役に立つことの重要性が理解できたら,それ以上複雑に考える必要はなく,あとはとにかく人の役に立つために,ひたすら実践すればいいんじゃないかなと思います。

シルバーバーチの霊訓の内容にいくら精通しても,いくら理解を深めたとしても,日常生活において人の役に立とうとしていなければ,つまり実践を伴っていなければ,何の意味もないと思います。

「私が説く宗教は実践の宗教です。1日1日の宗教-1日24時間,1時間60分,1分間60秒,そのすべてを実践の時とする宗教です。それが私の評価の基準です。」(3巻83頁,12巻219頁)



「日常生活において霊的真理の意義を生かした生き方をしていなければ,自分たちを『スピリチュアリスト』と呼んでみても何の意味もありません。大切なのは,自分たちはこういう者ですと名のることではなく,実生活において何をしているかです。」(『シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A』(ハート出版)(以下,単に「Q&A」といいます。)25頁)



「私は,魂をより意義のある生活へ誘ってくれるものでないかぎり,教義とか信条,ドグマといったものには関心がありません。日常の行い以外のものには関心を向けません。根本的に重要なのは,日常生活の生き方だからです。」(メッセージ94頁)



コナン・ドイルも,霊的真理を深追いするのではなく,実践が重要だみたいなことを言っています。

「死後の生活については以上の概略に止めておくのが無難であろう。細かいことになるとキリがない。いずれにせよ,われわれも遠からずそこへ行くのである。今すぐその全てを知ろうとするのは無駄な好奇心というべきである。」(『コナン・ドイルの心霊学』(潮文社)104頁)



「その体験によって見えざる世界の実在とこの世との連続性を確信したなら,それは心霊実験がもたらす唯一の,そして最大の恩恵にあずかったのであるから,その後は霊界からの啓示がもたらす教訓を現実の生活に生かすことに徹し,いつまでも心霊実験に関わり合っていてはいけない。」(同書190頁)



さらに,シルバーバーチは,霊的知識について,以下のように言っています。

「死後存続の事実は,知らないよりは知っていたほうがいいでしょう。が,最後の試金石は,どのような日常生活を送ったかということです。」(Q&A151頁)



「要はその人が生きてきた人生の中身,つまりどれだけ人のために尽くしたか,内部の神性をどれだけ発揮したかにかかっています。大切なのはそれだけです。知識は無いよりは有った方がましです。がその人の真の価値は毎日をどう生きてきたかに尽きます。」(4巻140頁)



シルバーバーチによれば,上記のように,死後存続という基本的真理についてすら,「知らないよりは知っていたほうがいい」というレベルですし,「知識は無いよりは有った方がまし」くらいの感じらしいです。

死後存続という基本的真理を知らなくても,人の役に立つために最善を尽くしていれば,それでいいということなのだと思います。

だとすれば,シルバーバーチの霊訓を一通り読んで,その内容に得心したのなら,ただ愚直に人の役に立つために邁進すればいいんじゃないかと思います。

このブログを始めた当初は,スピリチュアリズム関係の本をすべて読み込んで,ブログでどんどん紹介していこうかとか思っていました。

しかし,そういう本を読み込んでいる時間があるなら,その時間を人の役に立つための活動にあてた方が賢明な気がしてきました。

以前は,自分が霊的真理を今後普及していくうえでも,まずは自分自身がスピリチュアリズム関係の本を読み込んで,きちんと霊訓の内容を理解していなければならないと思っていました。

しかし,霊的真理を普及するうえでも,霊訓の内容を完璧に理解することに努めるより,まずは自分自身が身をもって,人の役に立つことを実践している必要があると思います。

「その真理を語るわれわれが成るほど神の使徒であることを証明するには,ひたすらに人の役に立つことをするしかありません。」(3巻38頁)



私は,シルバーバーチの霊訓の内容を全て理解しているわけではないし,その内容すべてに納得したわけでもありません。

しかし,少なくとも,死後にも魂は存続すること,現世では魂の向上のために人の役に立つことに最善を尽くすこと,という単純な真理については,得心しています。

だとすれば,シルバーバーチの霊訓のこの部分はどうやって解釈すればいいのかとか,この部分とこの部分は矛盾していないかとか,この部分はシルバーバーチの言っていることはおかしいから,シルバーバーチの言っていること全体も信用できないとか,そういうことをあれこれと考えること自体,あまり意味はないのではないかと思えてきます。

上記の単純な真理は,シルバーバーチだけが言っていることではなく,他の霊界通信などでも共通して言われていることですし,遠い昔から言われていた真理ではないかと思います。

「自分を愛する如く隣人を愛せよ。苦しむ者に手を差しのべよ。人生に疲れた人,潤いを求める者に真理を語って聞かせよ。病いの人を癒し,悲しみの人を慰め,不幸な人を訪ねてあげよ。こうした訓えは遠い昔から説かれてきた真実です。」(3巻66頁,メッセージ132頁)



ですので,シルバーバーチの霊訓の信用性とかを議論する意味はあまりなくて,上記の単純な真理を受け入れたのなら,既に実践の段階にきていて,あとはひたすら人の役に立つために最善を尽くせばいいのではと思います。

「自分に正直になり,最善を尽くす-それだけでいいのです。」(7巻90頁)



「力強く前進なさい。最善を尽くすことです。それ以上のものは人間に求められていません。」(11巻102頁)



長くなりましたが,人の役に立つことに最善を尽くすというシンプルな教えを日々実践していきたいと思っています(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

No title

人の役に立つことは、根本的目標としては正しいと思います。

しかし、「愚直に」は自己満足の利己主義です。

例えば「お年寄りに席を譲る」という行為が、本当に相手のためになっているのかをしっかり考えることが重要だと思います。

しっかり考えた上での行為ならば、「人の役に立つ」という本物の利他主義の動機、思念だと思います。

全く考えない向う見ずな「人の役に立つ」は、もしかしたら相手の害になっているかもしれないのに、それを考えない堕落、自己満足、利己主義だと思います。

この辺は他サイトで詳しく書いたのでご覧になったかと思います。参照してください。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR