グレース・クック『ホワイト・イーグルの霊示 霊性進化の道』

2015.03.25 02:21|書籍紹介
霊性進化の道―ホワイト・イーグルの霊示霊性進化の道―ホワイト・イーグルの霊示
(2003/11)
グレース クック

商品詳細を見る


ホワイト・イーグルの霊言は,1930年代から,グレース・クックを霊媒として通信が始まり,1979年にグレース・クックが他界するまで約50年間にわたり続きました。

シルバーバーチの霊訓が,1920年代から,霊媒であるバーバネルが他界する1981年までの間に通信されたものであることからすると,ほぼ同じ時期に通信されたものといえます。

シルバーバーチは,ホワイト・イーグルのことを同志と呼んでいて,ホワイト・イーグルも高級霊であることが窺われます。

最初,ホワイト・イーグルの霊訓を読んだとき,感銘を受ける部分もありましたが,訳者が近藤さんでないということもあり,何か読みにくさを感じていました(~_~;)

何で読みにくいんだろうと考えてみたとき,英語の語順のまま訳していると思われる部分があることが1つの原因である気がしました(私は学生のとき以来,英語にほとんど触れていないので,以下の指摘は的外れかもしれません。)。

たとえば,「心に思いなさい,自分の傍に,いま自分を助けようとしてくれている人がいることを。」(本書78頁)という訳文は,「自分の傍に,いま自分を助けようとしてくれている人がいることを,心に思いなさい。」という語順の方が,日本語の語順としてしっくりきます。

もちろん倒置法で強調するというのがあるかもしれませんが,倒置的表現が多い気がします。

また,「つまり真の愛にあれば,神の子等は1つとなり,誰1人他から分離しているものは存在しないから。しかしこれは難しいことである。と申すのは,皆さんはかように主張するから,つまり,人間の生活では愛というものは個人に向けられるものであると。」(本書111頁)という訳文は,明らかに読みづらい気がします。

これらに限らず,英語の語順(SVO,SVC)のまま訳して,日本語の語順(SOV,SCV)に直していないと思われるところがあります(このあたりは英語に詳しい方に一度聞いてみたいですが。)。

これは訳者の好みなのかもしれませんが,私にはしっくりきませんでした。

ただ,内容的には,シルバーバーチの霊訓に通じるような,高級霊からの霊示らしいものであり,勉強になるところが色々あります。

たとえば,守護霊についての以下の部分は,感銘を受けます。

「もしヴェールがはずされることがあるとすれば,皆さんは感謝と至福の思いに満たされよう。神のみ力により,神意に従って,これら霊の縁者達が,皆さんの傍に皆さんの向上のために,ピタリと寄り添っているのを知りえて,信じられんことを。その温かい抱擁,肩に置かれた手,その知らぬことなき理解,これらを感じられるように。霊師である守護霊は,皆さんの中にある望みと苦しみのすべてを知りぬいている。また,貴方が貴方を愛するよりも深く,貴方を愛している。守護霊はどんな時にも貴方の傍にある。」(本書74頁)



また,真理を普及するにあたって,下記の点は,参考になります。

「人が健康の原理を吾等に尋ねても,吾等はすぐにそれに答えるとは限らない。吾等はその魂にとり,一番ふさわしい物の考え方を指示するにとどめる。真理を無理に押し付けても,その魂が衝撃から回復するのに手間がかかるばかりで,賢明とは申しかねる。そこで,吾等はその魂が消化し得る程の食物を与えてやる。つまり優しく説いてきかせるわけである。その後を見守る。もしその者が真剣に,その教えに従うようなら,徐々ではあるが目が開かれていく。人を見て法を説く,これが人を助ける道。一人に良いからといって,その真理が万人に良いとは限らぬ。」(本書30頁)

   

これ以外にも,食事や,普段の姿勢,自己充電の方法等,すごく現実的なことにも触れているので,本書を読んで参考なるところは色々とあると思います(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

No title

>シルバーバーチは,ホワイト・イーグルのことを同志と呼んでいて

そうなんですかね。確か潮文社の12巻の方では、シルバーバーチが他の霊について言及したことがあるのは、4巻64ページだけなんですけどね。

他の5つぐらいの書籍に書いてあるということでしょうか。

と思ってネット検索してみたら確かに「シルバーバーチがホワイト・イーグルを同志と呼んだ」という記述が多いですね。

それよりも私はどうしてシルバーバーチ他の信者が2chという無法地帯に湧くんだろう、ということの方が気がかりでなりません。これがいわゆる「自らの器に見合った真実しか授かることは出来ない」ということなんでしょうか。その授かった解釈で言い争っていますね。認識をひけらかしても無駄なのに。

Re

香月様

ホワイト・イーグルの本を読んでいるときに,「そういえば,シルバーバーチが,どこかでホワイト・イーグルのことに触れていたような気が・・・。」と思い,潮文社の霊訓をざっと見たところ,それらしい記述が見当たりませんでした。

そこで,「あれ,勘違いかな。」と思い,ネットで検索したところ,同志と呼んだという記述が結構あったので,「ああ,やっぱシルバーバーチがそんなこと言ってたんだ。」と思い,それをもとに書いた次第です。

なので,どこかの本に書いてあったとか,裏をとったというわけではありません。


2chとかでは,霊訓の解釈を議論しているんでしょうか。

それは特に意味のあることだとは思いませんし,霊的進化の程度は人それぞれなので,各人が,その理解に応じて,その人なりのやり方で実践していればいいんじゃないかと思っています。

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR