スピリチュアリズムとの出会い(1)

2015.01.24 01:18|自己紹介
私がスピリチュアリズムに出会ったのは,大学1年生のときでした。

それまで,私は,スピリチュアリズムだけでなく,精神世界全般について,無関心でした。

それまでの私は,「いい大学に入って,いい企業に就職するのが正しい人生。」という考えを漠然と持っていました。

中学校のときは,高校受験に備えて塾に通い詰め,高校生になれば,大学受験のために予備校に通いと,それまでの生活は,受験勉強がメインで,それに特段疑問は抱いていませんでした。

大学に入学すると,今までの受験生活から解放され,自由な時間が格段に増えました。

大学に入学した当初は,他の学生と同じように,サークルに入ったりしました。

けれど,とにかく皆でワイワイ騒ごう,というような学生のノリが,どうも私に合いませんでした。

チャラチャラ遊ぶ他の学生のことを,「あ~,くだらないな。」と冷めた目で見るようになりました。

そう思うようになるまで,時間はかからず,大学1年生の夏頃にはそう思っていましたね。

大学の授業についても,やる気のない教授が,ボソボソとしゃべる分かりづらいものが多く,全く興味が持てませんでした。

そのため,必修科目以外は,授業に出ないようになりました。

このように,サークルもしない,大学の授業もあまり出ないとなってくると,かなりの時間を持てあますようになってきます。

一時期は,ダラダラと過ごしていましたが,そういう生活も,すぐつまらなくなりましたし,目標のない生活に耐えられませんでした。

今までは,高校受験,大学受験と目標があったから,頑張れましたが,大学に入ってからは,就職もまだまだ先ですし,当面の目標がないという状況でした。

そこで,私は,今後の将来設計を考えて,目標を持とうと思うようになりました。

目標を持てば,ダラダラした生活から脱却し,毎日を生き生きと過ごせると思ったのです。

そして,どうせ将来設計を考えるのなら,自分が死ぬまでの計画を練ろうと思いました。

自分の将来設計のゴールを,自分の死と設定し,考え始めたところ,ふと,「自分が死んだらどうなるんだろう?」という疑問が頭をよぎりました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR