ハリー・エドワーズ『霊的治療の解明』

2015.02.15 23:57|書籍紹介
新装版 霊的治療の解明新装版 霊的治療の解明
(2014/11/17)
ハリー エドワーズ

商品詳細を見る


昨年の11月に,ハリー・エドワーズの『霊的治療の解明』の新装版が出ました(^ ^)

ハリー・エドワーズ(1893-1976)は,「キリスト以来最大の霊的治療家」「世界の霊的治療家の最高峰」などと称されている歴史的なヒーラーです。

本書の訳者である梅原伸太郎氏は,「彼の実績はかつてのキリストの仕事を上回ったと言っても過言ではない」(本書P287)と評しています。

過去に,日本のテレビでも紹介されたことがあるので,ご存じの方も多いかもしれないですね。

ハリー・エドワーズのもとへ治療依頼に来るのは,一般庶民に限らず,英王室,他の王室の方々,大臣や司法官,貴族院議員,政党の党首,国会議員,陸海軍の最高司令官などもいたということですから,ハリー・エドワーズの影響力は,あらゆる階層の人達に及んでいたということが分かります。

ハリー・エドワーズは,治療費の請求をしたことは一度もなかったようですね。

ちなみに,ハリー・エドワーズは,シルバーバーチの交霊会にも招かれたりしていて,『シルバー・バーチの霊訓』(潮文社)シリーズにも登場しています。

本書には,霊的治療の概念やメカニズム,治療能力の開発,霊的治療の成功例などが書かれていて,ヒーラーにとって必読の書といえると思います。

ハリー・エドワーズは,数々の奇跡的治療に成功したようですが,治療に成功したということだけでは,真の目的を達成したことにはなりません。

「心霊治療の仕事の大切な要素は身体を治すことではなくて魂の琴線にふれさせることです。魂を目覚めさせ,身体への支配力を大きくさせ,生きる目的を自覚させ,霊的存在としての本来の自我を表現させることに成功すれば,これは治療家として最大の貢献をしたことになります。」(『シルバー・バーチの霊訓(二)』(潮文社)P193)



本書では,ハリー・エドワーズの治療によって,多くの人が霊的真理に目覚めたという話は述べられていないので,そのあたりはどうだったんでしょうか。

ハリー・エドワーズは,何千人にもの観衆を集めて,大規模な公開ヒーリングをしていたようですが,そうした方法は,霊的治療を広く大衆に認知してもらうという点では意味があったと思います。

ただ,そういう大規模な公開ヒーリングで,奇跡的な治療に成功しても,集まった観衆の多くが,霊的真理に目覚めるかというと,そういうわけではなく,むしろ,治癒したことばかりがクローズアップされてしまう可能性もあったのではないかと思います。

霊的治療によって,魂の琴線にふれさせる,というところまで行くのは,そう簡単ではないと思われ,そのあたりは,ハリー・エドワーズも苦心されていたのではないでしょうか。

『シルバー・バーチの霊訓(六)』(潮文社)P16で,ハリー・エドワーズは,「最後の段階で病気の治癒と真理の理解との兼ね合いがうまくいってほしいのですが,霊的高揚というのはなかなか望めないように思います。」と述べていますが,これもそうした苦心の表れである気がします。

ただ,いずれにしても,霊的治療を通じて,患者自身が深い感動を覚え,霊的真理に興味を持ったという方々も,今までに相当数いると思います。

スピリチュアリズムの普及にとって,霊的治療,ヒーリングは非常に重要だと思いますし,ヒーラーとして,スピリチュアリズムを実践されている方々を尊敬しています(^ ^)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR