FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフレッド・R・ウォレス『心霊と進化と‐奇跡と近代スピリチュアリズム』

2018.03.10 00:56|書籍紹介
心霊と進化と―奇跡と近代スピリチュアリズム
アルフレッド・R・ウォーレス
潮文社
売り上げランキング: 683,165


アルフレッド・ラッセル・ウォレス(1823年-1913年)は,ダーウィンと並んで自然淘汰説を進化論に取り入れたイギリスの博物学者ですが,本書がイギリスで出版されたのは100年以上前で,近藤千雄さんによって翻訳されたのが約30年前です。

本書の訳者あとがきに書いてありますが,近藤さんが,サイキックニューズ社に日本での出版の許可を求めたところ,「それは結構であるが,該書は今では時代遅れの感がするので,シルビア・バーバネルの『子供の死後』でも訳されてはいかが?」という返事をもらったようです(本書248頁)。

私は数年前にアマゾンで買ったのですが,新品のはずなのに本がだいぶ色あせていて,見た目的にも古臭いということもあり,今まで敬遠してきました(>_<)

ただ,以前に取り上げた『幽霊を捕まえようとした科学者たち』でウォレスのことが書かれていて興味を持ったので,意を決して読んでみました(^ ^)

読んでみた感想としては,非常に理路整然としていて,難しい言い回しなども少なく,近藤さんが訳しているということもあってか,とても読みやすかったです。

しかも,以下のように,否定論者に対する痛烈な批判が繰り返し述べられているので,心霊現象にいまだ確信が持てない人におススメしたいですね(^ ^)

「一片の反証もないし,これだけの報告を拒否するのは近代科学の取るべき態度ではない。科学者がこうした態度に出るのは,そうした普通より高度な現象を不快に思う偏見があるからとしか考えようがない。現に,調査もせずに無視するというのが自然科学の教授達の共通した態度なのである。」(本書64頁)

「要するに彼ら自身は心霊現象をほとんど見ていない。そして他人が見たというものはなおさら信じられない。たまたまトリックによって簡単にだまされる人に出会って,スピリチュアリストはすべて無意識的ないし故意にその程度のやり方で演出されたものによって霊魂説を信じているのだと結論する。」(本書164頁)

「否定論者の説や態度については折にふれて言及してきたが,共通していえることは,われわれ肯定派が霊魂説を立証するために行ってきた長年の実験,研究,推論や,それに傾けた真摯な情熱に比して,純粋な学者的良心や誠意が全く見られないということである。」(本書224頁)

「否定論者はいったいどれだけのことをして何を提供したか。彼らはただ憶測による勝手な説を立てるだけで,何一つ根拠となるべき証拠を提供したためしがない。」(本書225頁)



そして,ウォレスは,心霊科学は決定的な立証を得たと述べたうえで,今後はその心霊現象がもつ意味を吟味して,いかに生きるべきかを考える必要があることを示唆しています。

本書がイギリスで出版されて100年以上が経ちますが,いまだに心霊現象それ自体に関心がいってしまったりして,霊的真理に沿った生き方をするステップまで,人類全体が進んでいるとは到底いえないのではないかと思います。

そうすると,サイキックニューズ社が言うような「該書は今では時代遅れの感がする」などとは評価できず,まだまだ本書の価値はあるのではないかなと思いますね(^ ^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。