ある組員との夏の思い出

2017.09.07 03:24|仕事
最近,私が担当していた暴力団組員の刑事事件が無事終わり,ホッとしました(^ ^)

暴力団組員からの民事事件の依頼は絶対に受けないのですが,刑事事件で国選だと裁判所から選ばれるので,基本断れないんですよね(>_<)

今回の組員は,容疑を認めずに争っていたのですが,正直,話を聞いている限り,まあ実際はやってるんじゃないかと思うようなものでした。

しかも,この組員の見た目は,まさに暴力団組員で,一見して堅気では絶対ないという感じで,全身入れ墨のインパクトもあり,警察署での本人との面会のときは,毎回,変な緊張感がありました・・・。

さらに,同じ暴力団の他の組員から,「いつ本人は外に出れるのか?」「何とか早く釈放されないのか?」と私に対してプレッシャーもあり,しかも,他の組員が被害者を脅迫して被害届を取り下げさせようとするのを止めたりと,周りの動きもやっかいでした(~_~;)

こうなってくると,「もうこれ以上,この件に関わりたくない!」という気持ちしか無くなり,この件を早く終わらせたい一心で,必死に検察官と交渉したりして,結果として,無事,裁判にならずに本人は釈放されました。

本人からは感謝されたのですが,正直,これでよかったのかなあと思う点は色々あります(>_<)

まず,証拠とか本人の話からして,おそらく本人が犯罪に関わっていると思われるケースで,弁護士がつくことで裁判にもならず釈放されたとしても,「人の役に立てた,よかった」とは,なかなか言えないですよね。

しかも,私のなかでは,本人の役に立ちたいという気持ちは,ほとんど無くなっていて,「もうこの暴力団の事件を早く終わりにしたい!」という気持ちだけで頑張ってきたので,これって,利他的なところは,ほぼなくて,むしろ利己的な動機のような気がします(~_~;)

本人が犯罪を認めているなら,今後どうやって更生するかというところで,役に立てるところはあると思いますが,この組員のケースだと,いま振り返って考えても,なかなか難しいなあと思います。

ここまで暴力団と関わることも,そう多くないので,多分この夏の思い出として,今後も思い出しそうなくらいインパクトがある事件だったなあと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR