志を持たなくなった弁護士

2017.08.15 20:49|仕事
最近,事務所を独立開業した同期の弁護士と飲む機会があったのですが,終始,「~の件は,報酬○○円もとれて,すごいおいしい案件だったな。~の件は,あんだけ時間かけたのに,報酬○○円しかとれなかったから,マジで終わってる。」みたいな感じで,お金でしか仕事を考えていないことに,何かがっかりしました(~_~;)

事務所を維持するために,さらに,自分や家族のために,できるだけ稼ぎたいと思うのは当然といえば当然で,その案件でどれだけ報酬がとれるかということに関心がいくこと自体については,理解はできます。

ただ,それと同時に,今まで関わってきた私の周りの弁護士を見ると,目の前の依頼者を助けたい,役に立ちたいという気持ちは,程度の差はもちろんありますけど,少なからず残っている弁護士の方がまだ多い気がしています。

そういう人の役に立ちたいという志を全く持たなくなって,依頼者を儲ける手段としてか考えなくなった弁護士は,それはもう言い方は悪いですが,社会にとって害悪でしかないんじゃないかと思いました。

弁護士報酬は,以前よりは相場が分かりやすくなったとはいえ,「一般的な相場としてはこれぐらいですが,このケースだと,こういう事情があるので,報酬はこれだけ頂きます。」といった説明が弁護士からあれば,それは信用せざるを得ないと思いますし,弁護士の言い値で報酬が決まるということが多いと思います。

しかも,複数の弁護士がいる事務所でも,それぞれ独立して仕事をしている場合が多いので,誰からも注意されたり監督されたりもしないという環境にもあるので,歯止めがきかなくなったりします。

さらに,弁護士の仕事の善し悪しは,一般的には分かりづらいものだと思いますし,弁護士からそれらしい説明があれば,そういうものなのかと納得せざるを得ないところがあると思いますので,弁護士が仕事をちゃんとしているのかも,依頼者からしたら判断しづらいという問題もあります。

弁護士業界の競争は激しくなっていて,今後はいま以上に,依頼者をお金としか考えない弁護士が増えていくのか分かりませんが,それは非常に残念ですね。

この業界でも,スピリチュアリズムが普及して欲しいところですが,そのために私は何ができるのか,孤軍奮闘の状態であっても,種蒔き程度のことはできるのか,今後具体的に考えていきたいです(^ ^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR