肩書きのプレッシャー

2017.07.31 21:58|仕事

「皆さんはすぐに地上時代の地位,社会的立場,影響力,身分,肩書きといったものを考えますが,そうしたものはこちらでは何の意味もありません。」(『シルバー・バーチの霊訓(二)』90頁(潮文社))


今年度から,専門職が集まる自治体主催の会議に呼んでもらえるようになったのですが,その会議は,福祉,医療,法律の各分野から参加者がいて,法律分野からは私だけ参加なのですが,それが結構プレッシャーなんですよね(~_~;)

議題のなかで,法律が絡む問題が出てくると,必ず話を振られるのですが,即答できるような簡単な問題ではなく,大した発言も出来ず,「せっかく呼んでもらったのに申し訳ない・・・」という気持ちになり,へこむことが多いです(>_<)

弁護士というだけで,法律の専門家と見てもらえるのは有り難いのですが,常に専門家として責任ある回答をしないといけないというプレッシャーは常に感じますね・・・。

仕事でそんな感じなので,プライベートでは,できるだけ弁護士とは名乗りたくないという意識が働いて,いつも行っている美容院とかでも,会社勤めのサラリーマンということにしているのですが,仕事のことを突っ込まれると,だんだん辻褄が合わなくなってきて,「なんでこんなことで嘘ついんてんだろ・・・。」と自己嫌悪に陥ったりします。。。

私の同期の弁護士で,弁護士の登録を抹消して,企業に転職した人がいますが,その人が以前に「弁護士という肩書きを捨てたら,なんか肩の荷が下りた気がする」と言っていたことを思い出しました。

ただ,私としては弁護士を辞めたいとかそういうことはないですし,弁護士という肩書きがあるからこそできること,人の役に立てる場面があるかなと思っています。

一番上で引用したシルバーバーチの言葉のとおり,死後の世界では,肩書きが意味をなさないというのはそのとおりだとしても,現世において人の役に立つ道具,武器としては意味をなす場面があると思いますし,それは反面で責任,プレッシャーを伴うものだとも思います。

まあもっと経験を積んで,霊的にも成長すれば,いちいちプレッシャーに感じることもないと思うので,今のうちの苦労かなあと思います。

いずれにしても,先の会議でも役に立てるような発言をするためにも,もっと勉強しないとなあと,最近つくづく思いました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR