2017.07.17 00:16|思索
私は刑事事件は常に数件担当しているのですが,いま扱っている刑事事件のなかでも,一番対応に困っている被告人が,重大犯罪を何件か起こして,長期の懲役刑が予想されている被告人です。

その被告人と色々と話をしてみて分かったのが,その被告人の根底にある考え方が唯物主義的で,「とにかく自分が好きなように生きる。汗水垂らして働くなんて馬鹿らしい。やりたいようにやって,人生に嫌気がさしたら,死んでもいい。」という感じです(~_~;)

なので,いま裁判になっている件についても全く反省はなく,今後出所した後も,詐欺でも強盗でも手っ取り早く稼げる犯罪にまた手を出すか,もしくは自殺してしまうかのどっちかではないかと心配しています。。。

この被告人は唯物主義者のなかでも極端な部類かもしれませんが,本当に人生が一度きりで,死んだら最後,それで全て終わりという前提だったら,こういう被告人みたいな考えになってもしょうがないと思います。

しかし,本当に死んだらそれで終わりなのかという,その前提の部分をもっと考えて欲しいという気持ちが強いです。

唯物主義に関して,私が共感したアラン・カルデックの言葉があるので,ちょっと引用します。

天国と地獄―アラン・カルデックの「霊との対話」
アラン カルデック
幸福の科学出版
売り上げランキング: 187,786

「『死んだらすべてが消滅し,完全な虚無が待っているのみ』という考え以上に恐ろしい考えがあるだろうか?健やかな愛も,知性も,向上も,苦労して身につけた知識もすべてが打ち砕かれ,すべてが消滅する(!)というのであるから。
もしそうなら,どうして,よりよい人間になるために努力をし,苦労して欲望を統制し,一生懸命,精神を豊かにする必要があるだろうか?」(アラン・カルデック『アラン・カルデックの「霊との対話」天国と地獄』(幸福の科学出版)292頁)



「死後が虚無であるならば,結局は,『いまさえよければいい』ということになる。論理的に考えても,待っているはずのない未来にかかずらうことはできないからである。
『いまさえよければいい』と考え始めると,当然,その次は,『自分さえよければいい』と考えることになる。まさしくエゴイズムの極地である。そして,そうなったときには,これも当然のことながら,自己信頼は失われる。そして,『生きているあいだだけが華だもの。やりたい放題をやって楽しまなければ損』ということになる。」(同書293頁)

 
先ほどの被告人に対してもそうですが,「死んだらすべてが消滅し,完全な虚無が待っているのみ」というのが,何で当然の前提になっているのか,それに対して疑問がないのかというのは是非問いたいところです。

「生きているあいだだけが華だもの。やりたい放題をやって楽しまなければ損。」という考え方に本当に違和感を持たないのか,自分の良心に照らして間違いないといえるのか,ということについて,私としては,「それは直観的に考えても,やっぱり何かおかしいという気はしないですか??」と言いたいところです。

それでも,「自分はそういう考えだ。」ということだったら,それは正直,もう為す術がないなあという気がします。

アラン・カルデックも言っているように,死んだらそれで全てが終わりという唯物主義的考え以上に恐ろしいものはないなあと本当に思います。

スポンサーサイト
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR