2017.05.21 23:46|日常

「真理を知った者の勇気ある生き方を示すのです。かりそめにも“ごらんなさい。霊的真理を吹聴していた人間がこのざまですよ。”などと言われるようなことのないように心掛けてください。」(『シルバー・バーチの霊訓(七)』(潮文社)107頁)


シルバーバーチの霊訓の7巻を読んでいて,この部分で考えさせられたというか,自分は「真理を知った者の勇気ある生き方を示す」ような段階には,まだまだ達していないなあと思いました(~_~;)

まさに,「霊的真理を吹聴していた人間がこのざまですよ」と言われかねないような日常生活だったりします(>_<)

私は,匿名でこのブログをやっているだけで,リアルの世界でスピリチュアリズムを普及する活動などは今のところしていませんが,普及活動をするなら,他人に対して模範的な生き方を示せるようでないとダメなのかなと思います。

シルバーバーチの霊訓の素晴らしさを吹聴している人,その人自身の普段の振る舞いが自己中心的であったり,他人に対して慈悲,親切,優しさなどがなかったりする場合,他の人からすると,「シルバーバーチの霊訓を信じている人があんな感じだったら,シルバーバーチの霊訓自体どうなの?」みたいに,シルバーバーチそれ自体について懐疑的になってしまうんじゃないかと思います。

そうなると,普及するどころか,スピリチュアリズムに関して,むしろマイナスのイメージを植え付けるようなものではないかと思えてきます。

ただ,シルバーバーチも言っているみたいに,地上生活で一切間違いを犯さないような理想的で完璧な生活を送ることは無理だと思いますし,そもそも不完全だからこそ地上に生まれてきているということだと思いますので,完璧な生き方を示す段階まで行かないと普及活動する資格もないとか考えていると,永遠に普及活動はできないということになってしまいます(これは極論ですが)。

まあ,いずれにしても,シルバーバーチの霊訓を普及するなら,我が身を持ってまず実践しないといけないということですかね(^ ^)

スポンサーサイト
2017.05.07 17:55|日常
GWも今日で終わりですね(>_<)

私は、書類作成の仕事がかなり溜まっていたので、事務所に出てひたすら書類作っていました(~_~;)

それでもなかなか終わらず、「効率が悪いのか・・・」「説得的な文書が書けない・・・」「そもそも文書力ない・・・」とネガティブな感じになっていました(T_T)

そんななか、気晴らしに弟夫婦の家に行って猫と遊んできました(^ ^)

neko1
☆カメラ目線でお目目ぱっちり

neko2
☆遠い将来を見据える

何回か以前にも会っていたせいか、私に対する警戒心もなく、リラックスした感じで、お腹出して仰向けになってドデンと寝たりしていて、可愛過ぎでした(>_<)

自然とニヤけちゃいますね(^ ^)

触りすぎて猫のストレスになってしまったかもしれないです(~_~;)

猫と人の関係って、人と関わることで猫も霊性が向上して、人にとっても猫に優しさを持って接することで、霊的に成長できて、しかも癒しの存在にもなりますね。

そう考えると、猫を飼うってお互いにとっていいことですね(^ ^)

私は今の仕事の忙しさからしたら、責任を持って飼えないなあと思って今は飼えていないので、撮った写真でも見て癒されます(^ ^)

poundcake

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR