2017.04.22 23:20|仕事

「人が来るのを待っているようではいけません。あなたの方から足を運ばなければならないのです。」(『シルバー・バーチの霊訓(五)』(潮文社)210頁)


先週,ある障がいをお持ちの方で,どうしても事務所まで行くのは難しいという事情があったので,その方の自宅まで私が出張して法律相談を行うということをしました。

こういう出張法律相談は,移動時間が当然かかってしまうので,そう頻繁にはなかなか出来ないのですが,こちらから出向いていくと,今回もそうでしたが,「わざわざ来て頂いてありがとうございます」とすごく感謝してもらえることが多いので,やりがいがあるなあと思っています(^ ^)

ベテランの弁護士は,出張法律相談とかほとんどやっていない感じなので,フットワークが軽い若手が中心になってやっていく分野かなと思います。

自宅に限らず,病院,介護施設とかに入院・入所している方々のなかで,法律事務所まで行くのはハードルが高いけど,法律相談はしたいという潜在的ニーズは,結構あるはずですよね。

援助が必要な人に,積極的に働きかけて支援していくというのは,福祉の分野とかでは,「アウトリーチ」と言うらしいです。

弁護士も事務所でドンと構えているのではなく,援助が必要な人のところに手を差し伸ばしていく,アウトリーチしていく,というのが必要だなあと思います。

弁護士は,いまだに敷居が高いとか思われたり,さらに,「態度でかい,上から目線,理屈っぽい,高額な費用とる」などのイメージがあるといわれたりもします(まあ当たっている部分もあると思いますが)。

なので,その意味では弁護士っぽくない,常に低姿勢で笑顔を絶やさない,しかもフットワークが軽い営業マンのごとく,動き回って靴底を減らすような,そういう弁護士でありたいですね(^ ^)

スポンサーサイト
2017.04.07 02:29|仕事
先日,私が依頼を受けていた交渉案件で,依頼者から「弁護士を変えたい。」と宣告され,結局,私は解任となりました。。。

突然の解任ではなく,依頼者と方針に関して結構揉めていて,あまり具体的な話は書けないですが,依頼者は強硬手段でいくことを望んでいたところで,私が穏便な方針を示していたので,それが不満というのが大まかなところです。

実際,解任されてみて,「これでよかったのかなあ・・・」とあれこれ考え,自分でも反省するところは色々とあります(~_~;)

以前にボス弁護士から,「もっと闘え!」と怒られたことがありましたが,今回の依頼者も,相手方の話に耳など傾けず,もっと闘ってくれる弁護士を求めていたんだろうなと思います。

弁護士に依頼がくるケースは,双方当事者の話し合いがこじれて,鋭く対立している場合がほとんどなので,攻撃的にどんどん相手を追及していく姿勢を見せる弁護士のほうが,まあ頼もしく見えますよね。

もともと私自身,争いごとが好きではないので(その意味で弁護士に向いていないのかもしれないですが。。),なんか裁判とかで争っていると,「このあたりでもう和解するのはどうでしょう?」と円満解決に向かわせようとする傾向があることは,自分でも自覚しています(>_<)

しかし,和解なんて求めていない,徹底的に争いたい依頼者からしたら,「やる気ないの?」「そんなの納得できない!」という気持ちになるだろうなあと思います。

依頼者の意向に沿って,徹底的に争うことが,その人の役に立つことだと割り切るべきなのか,争いを辞めてもらって話し合いで和解することがその人の役に立つことなのか,考えているとなかなか難しいところですね。

「人の役に立つ」とは言っても,実際に依頼者を目の前にして,何がその依頼者にとってベストなことなのか判断するのは難しくて,そもそもどういう解決がいいのかは依頼者自身が決めるべきともいえるので,弁護士は依頼者の意向にすべて沿った形で進めていくべきで,それが「人の役に立つ」ことだと言われても,それが間違いともいえないなと思います。

今回解任されて,あらためて依頼者への対応の難しさを実感したところです。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR