2016.01.30 01:43|仕事
先日,刑事裁判の証人尋問のときに,裁判官からお叱りを受けました(~_~;)

「弁護人!予定時間すぎてるんですけど?!次に他の裁判も入っているから,時間通りやってもらわないと困るんですよ!!」みたいな感じでした。

確かに,予定時間は多少過ぎていましたし,後に続く他の裁判も押せ押せになってしまうのは迷惑なので,もっと簡潔にやればよかったなあという面はあります(>_<)

ただ,最近,裁判所は,係属している事件数が多いということで,1件あたりの裁判の時間をどんどん削ってきていて,そういう裁判所の姿勢はどうなんだと思っていたところでした。

事件数が多くてしょうがないのかもしれませんが,裁判官もすごいやっつけ感があって,「事件を処理」することしか考えていない気がしています。

確かに,争いもなく,結論が見えている事件で,情状証人の尋問(家族とかに出てきてもらって,「きちんと指導,監督していきます。」というのを法廷で証言してもらう。)を長くやるのは,判決出すうえでは,あまり意味をなさないかもしれません。

ただ,被告人の母親とかに法廷まで出てきてもらって,被告人の目の前で,証言してもらうというのは,被告人の反省を促す,いい機会だと思っています。

母親が,「私がもっとちゃんと見ていれば,こんなことにならなかったかもしれないです・・・。」と泣き出したりして,それを見た被告人も泣き出すという場面も,割とあったりします。

やはり,どんなに反抗的な被告人でも,自分がしたことで,母親が法廷で涙しているというのは,感じるところがあるようです。

なので,できれば,裁判それ自体を被告人の反省を促す場にしたいという気持ちが私の中であって,それをやろうとすると,どうしても証人尋問の時間が長くなってしまうんですよね(>_<)

このようにあれこれ思うところはあったのですが,実際,裁判官からお叱りをうけたときには,「申し訳ありません,もうすぐ終わりますのでm(_ _)m」と平謝りしましたが(^ ^)

ただ,短時間でささっと事件を処理しようとする裁判所の姿勢に問題意識を持っている弁護士は他にもいるので,周りの弁護士も含めて,裁判所の姿勢を変えていきたいなあと思ったりしています。

スポンサーサイト
2016.01.23 01:53|仕事
ここ最近,担当している刑事事件の数が増えて,多分,自分のなかで過去最高の手持ち件数です(>_<)

その結果,毎週のように,刑事裁判が入っていて,準備に追われています(~_~;)

重大事件ではなく,裁判員裁判対象事件でもないので,1件ごとの負担はそれほど多くないのですが,とにかく件数が多いです(~_~;)

そして,正直,頑張って裁判の準備をしても,結果が変わらないような事件もあります。

たとえば,覚せい剤事件で初犯の場合,かなりの確率で執行猶予になります(刑務所に行かない)。

こういった事件だと,「別に頑張っても,結果変わらないし。」と思って,ついつい手を抜きたくなってしまいます。

ただ,裁判の結果は変わらなくても,今後の被告人の更生とか社会復帰とかは,弁護人の頑張りによって,変わってくるかもしれないなあと思い,手を抜きたくなる気持ちを抑え,1件,1件きちんと被告人と向き合うように努力しています。

できることには限界があって,正直,忙しいと,若干手を抜いたり(あまり被告人の面会に行かず,放置してしまったり)してしまうので,自分への戒めも込めて,「手は抜かない」というタイトルにしてみました(^ ^)

2016.01.10 13:20|仕事
私が過去に担当した刑事事件の被告人で,裁判の結果,懲役刑が決まり,刑務所に行っている方々から,毎年,何通か年賀状が事務所に届きます。

大体,年賀状くれるのは,割と重たい事件の被告人で,裁判の期間も長かった(その結果,付き合いも長かった)方が多いです。

未だに私のことを忘れずに年賀状くれるのは有り難いなあと,嬉しくなったりします(^ ^)

ただ,暴力団組員とか,組員ではなくてもその周辺者の方なども中にはいて(国選事件だとそういう事件も受けないといけないです),そういった方と年賀状を交わすのはどうなんだろうなあと思い,こちらから年賀状を返すのを躊躇したりしています。

このまま付き合い(まあ年賀状だけですが)を続けた場合,本人が出所した後,また他の事件を起こしたときとか,依頼される可能性もありますし,本人の知り合いが捕まったから弁護を頼むみたいな可能性もあります。

暴排条例もありますし,弁護士倫理的にも暴力団関係者からの依頼(私選)は断りますが,そういう依頼を受けるような関係になる前に,関係性を絶った方がいいのかなと思います。

かといって,毎年届く年賀状を無視し続けるのも,何かかわいそうだなあと思ったりしています(~_~;)

「先生,お元気ですか?お体大切にして下さいね。」みたいな優しい言葉が書いてあったりするので,なおさらです。

裁判終わった後に,被告人だった方とどこまで付き合うかは悩ましいところです(>_<)

2016.01.03 00:23|思索
あけましておめでとうございます(^ ^)
今年もよろしくおねがいしますm(_ _)m

小学生ぐらいのときから,元旦に,その年の1年間の目標を立てて紙に書き出すよう父親から義務付けられていたため,いまだに私の中でその習慣が残っています(^ ^)

ざっくりとした目標としては,「1人でも多くの人の役に立つこと」なのですが,それを具体化するために,どうしていったらいいか。

「人の役に立つ」といっても,その手段は本当色々あるので,その動機さえ見失わなければ,あとは各自それぞれの自由な選択なんだろうなあと思います。

ただ,いくつかある選択肢のなかで,「どっちの道を選択したらいいんだろ(~_~;)」と悩むことはありますよね。

そういう場合の判断基準については,下記のシルバーバーチの言葉を参考にしています。

「決断を下さなければならない事態に立ち至った時は,それが特定の少数ではなく,全部の人,あるいはなるべく多くの人にとって益になることを動機として判断しなさい。」(『シルバー・バーチの霊訓(十二)』(潮文社)99頁)

  
これは,たとえば,A,Bという2つの進路(選択肢)がある場合,どっちを選べば,より多くの人の役に立てるかを判断基準とするということだと思います。

たとえば,(A)今の職場は社会貢献などとは無縁だが,このまま働き続ける方が安定しているので,家族(特定少数)のためには,転職しない方がいい,しかし,(B)転職した方が,社会貢献,より多くの人のお役に立てる仕事ができそう,という場合は,後者のBの選択肢を選ぶ,ということになるんじゃないかと思います。

あれこれと将来設計を考えるのは好きなので,自分の場合は,この1年でこれとこれをして,5年後までにはこうしてと,この正月に色々と考えてました(^ ^)

そして,自分が好きな曲である「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」を聴き,気持ちを新たにして,モチベーション高めたところです(^ ^)

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR