2015.09.26 00:55|自己紹介
先日,依頼者と雑談しているときに,「何で弁護士になろうと思ったんですか?」と聞かれました。

弁護士になった理由は,時々,依頼者から聞かれたりするのですが,どういう答えをするか,毎回一瞬考えてしまいます(>_<)

雑談の中で聞かれた場合,質問する側としても,何となく聞いている場合が多いので,「まあ,法律に興味があったんで。」とか,「何か資格とりたいと思ったので。」とか,「会社勤めよりも独立開業したいと思ったので。」とか,適当な理由をつけて,簡単に答えることが多いです。

では,実際のところ,どういう経緯で私が弁護士を目指したかというと,大体以下のような感じです。

このブログを始めた最初のころに書きましたが,シルバーバーチの霊訓に出会ったのが,私が大学1年生の頃でした。

シルバーバーチの霊訓に心打たれた私は,将来は,人の役に立つ仕事がしたいと強く思うようになりました。

そこで,色々と仕事探しをしたのですが,割と早い時期に,「弁護士になれば,法律の知識を駆使して人の役に立てるんじゃないかな。」と思うようになりました。

ただ,一方で,「弁護士になるには相当勉強しないとムリだな・・・」「ちょっとハードルが高すぎないか?」「弁護士にならなくても,人の役に立てる仕事って他にあるんじゃない?」とか考えたりして,結構悩みました(~_~;)

色々悩んだ末,結局は,弁護士を目指そうという結論に落ち着きました。

それは,弁護士の仕事自体に興味を感じたのはもちろんありますが,弁護士になるためには,司法試験に受かる必要があって,司法試験に受かるためには,死ぬほど努力しないと受からない,そういう努力をすること自体に意味があるんじゃないかと思ったのが大きかったです。

それはやはり,シルバーバーチの霊訓の苦難の哲学による影響があったと思います。

「気楽な道は前途に霊的な目標をもたない人に任せればよろしい。霊的な鍛錬とそれに伴ってもたらされる霊的な豊かさを求める者には,厳しい道が用意されます。霊的褒賞は気楽な道を求める者にはもたらされません。もしそうでなかったら,その褒賞は敢えて求めるほどの価値はないことになります。闘いを挑み苦しみ抜いた末に勝利を得る方が,何の挑戦課題もなく吞ん気に生きているよりはるかに上です。魂が自我に目覚め内在する神性が表現の機会を得るのは,必死に努力するその最中においてです。」(『シルバー・バーチの霊訓(十二)』(潮文社)170頁)


  

「苦難から何かを学び取るように努めることです。耐えきれないほどの苦難を背負わされるようなことは絶対にありません。なんらかの荷を背負い,困難と取り組むということが旅する魂の本来の姿です。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)52頁)


  

「運命の十字路にさしかかるごとに右か左かの選択を迫られます。つまり苦難に厳然と立ち向かうか,それとも回避するかの選択を迫られるわけですが,その判断はあなたの自由意思に任されています。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)54頁)

  

こういったシルバーバーチの言葉を受けて,「弁護士になるのは大変だけど,あえて茨の道を歩もう!」と決意して,司法試験の勉強を始めました。

その後の受験勉強は,本当にしんどかったですが・・・。

私は,天才肌では全くなく,完全な努力型だったので,他の受験生の倍以上努力しようと,コツコツと勉強しました。

それでも,試験直前の模試などでは,合格ラインに達していなかったですが,本試験当日は,「弁護士になって人の役に立ちたいので,お力貸して下さいm(_ _)m」とお祈りをして,霊界の方々にすがりつき,そのおかげもあってか,無事司法試験に合格することができました。

私が弁護士になった経緯は,大体こんな感じなのですが,これを依頼者にそのまま伝えるわけにもいかないですし,長すぎるので,普段は,「まあ,法律の勉強が面白いと思ったので。そんな深い理由はないんですよ。」ぐらいの答えしかしていないですね(^ ^)


スポンサーサイト
2015.09.15 01:09|ビーガン
味覚糖 HAPPY DATES デーツ&カカオ 1個×10個
UHA味覚糖
売り上げランキング: 3,182


ビーガンでも食べられるお菓子はないものかと探していたら,いいのを発見しました(^ ^)

こちらのハッピーデーツは,100%植物性原材料仕様なので,ビーガンでも安心して食べられますし,しかも,保存料,着色料,香料オールゼロ,アレルギー特定材料不使用っていうのもいいですね(^ ^)

ハッピーデーツは,日本のマクロビオティックの第一人者である西邨マユミさんとUHA味覚糖が共同開発したものらしいです。

西邨さんは,ゴア元副大統領,マドンナ,スティング,ブラッド・ピットなどなど,著名人に対してマクロビオティックの食事を提供してきた方ですね。

早速,アマゾンでハッピーデーツを買って食べてみたところ,予想以上においしかったです(^ ^)

食感は,普通の板チョコなどとは違って,もちもちした感じですが,それもまたいいですね。

甘さもちゃんとあって,割と濃厚な味で,チョコを食べたときと同じような満足感があります。

一袋100キロカロリーで,袋に「マクロビ 小腹 スイーツ」と書いてあるとおり,小腹が空いたときに,ちょうどいいですね(^ ^)

アマゾンでまた箱買いして,毎日食べてしまいそうです(>_<)

こういうお菓子がどんどん増えてくれるとうれしいですね(^ ^)


2015.09.05 02:42|仕事
最近では,日本でも離婚率が増加し,3組に1組は離婚する時代なので,離婚に関する法律相談は結構多いです。

日本の法律だと,離婚後の親権は,単独親権制度をとっているので,離婚する際に,父親と母親のどちらが子どもの親権者になるかを決めないといけないです。

そのため,子どもを巡る熾烈な争いとなったりしますが,そういう事件を担当していると,弁護士側も疲弊してきます(~_~;)

たとえば,妻と小学生の子どもが家から出て行き,夫とは別居して,既に妻側から離婚裁判が起こされているケースで,夫が子どもの下校途中を狙って子どもを連れ去り,それを知った妻が警察に通報して,警察署で話し合いとなり,弁護士もそこに駆けつけて間に入る・・・,といったよう感じで,まさに子どもの奪い合いに発展する場合もあったりします。

こういう場合,子どもがすごく不安定な状況に置かれてしまって,子どもの心理面に深いキズを負わせてしまってるんじゃないかと考えたりします。

離婚事件を担当していると,「一番可哀想なのは子どもだな・・・」と思うことが本当多いです。

私は,少年の刑事事件も,年に数件は担当するのですが,今まで関わった案件は,ほぼ例外なく,家庭環境に問題があり,両親が離婚しているケースも多かったです。

母親が浮気をして家を出て行き,残された父親と子どもで生活していたものの,父親は仕事が忙しく,子どもが家で1人でいることが多かったケース,両親が離婚し,母親が親権者となったものの,母親の精神面が不安定で,母親が自殺未遂などを起こしてしまい,子どもが取り残されてしまっていたケースなどなど・・・。

家庭環境というのは,両親の財力とか社会的地位とかではなくて,両親から愛情を持って育てられる環境にあったかですね。

子どもにとって,両親から無償の愛を受け続けて育つというのは,本当に重要だと思います。

子どもの頃に親から愛された経験があってこそ,今度は他人に愛を与えていくこと(利他愛)に発展していく気がします。

離婚をきっかけに,片方の親から愛情を受けられない状態になってしまうと,子どもが愛情不足の状態になり,成人してからも「自分が愛されたい」という願望が強く,「他人を愛する」という利他愛になかなか結びつかないと思います。

なので,離婚するにしても,両親から十分に子どもが愛情を受けられるように,同居していない親と子どもとの交流を継続させていくことが大切だと思います。

弁護士ができることには限界がありますけど,離婚事件を担当するなかで,子どもの今後の健全な成長という視点は,常に持っていたいなと思った次第です。


離婚で壊れる子どもたち 心理臨床家からの警告 (光文社新書)
棚瀬一代
光文社
売り上げランキング: 13,074



08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR