2015.04.26 01:55|日常
最近,思うのは,「自分は人の役に立ちたいなどといいながら,人の役に立つために死ぬほど努力しているといえるのか??」ということです。

「食事をするときも風呂に入るときも勉強した。湯船につかっていても教科書から眼を離さない。車を運転するときも勉強した。テープに講義を録音し,ヘッドホンで聞く。信号待ちになると,『時間がもったいない』と教科書を開く。教科書をハンドルの上に載せて,半分見ながら運転する。」(井上篤夫『志高く 孫正義伝』45頁(実業之日本社文庫))



孫正義さんみたいな成功者になりたいというわけではないですが,これだけの努力をしてきたという点はすごく尊敬できます。

また,弁護士でいえば,大学3年時に司法試験合格,大学4年時に国家公務員Ⅰ種試験合格,東大主席卒業,財務省入省,弁護士という経歴をもつ山口真由先生の努力にも刺激を受けます。

「私はものすごく努力家と言われます。司法試験の口述試験の前の2週間の間,睡眠時間は3時間,食事の間はそれぞれ20分,お風呂の時間も20分と決めて,母と1日に10分電話で話をすることだけを息抜きにして,残りの19時間30分をすべて勉強に注ぎ込んだという話をすると,多くの人が驚きの目をします。」(山口真由『天才とは努力を続けられることであり,それには方法論がある。』2頁(扶桑社))



「『私はプロフェッショナルだ。弁護士として外に出す書類は,その細部に至るまで完全に責任を持たなくてはならない』。そのうち,同僚の弁護士達や私が仕事に誇りを感じるのは,華々しい瞬間ではなくて,むしろこういう瞬間ではないかと思えるようになりました。つまり,つらくて地味な仕事を一生懸命引き受けて,最後の最後まで手を抜かずに自分の仕事の責任を果たしたと,胸を張れる瞬間です。」(同書57頁)



私も,司法試験受験のとき,そして弁護士になった後も,努力はしてきたつもりですが,その努力の程度は,山口先生の足下にも及びません。

今まで自分の努力不足で,どこかで手を抜いてしまい,生ぬるい仕事をした結果,人の役に立つ機会を逃し,救えたはずの人を救えなかったことはなかったか。

いま,孫正義さんや山口先生のような努力を自分が出来れば,そしてその努力を人の役に立つ方向に向ければ,どれだけの人を救えるのか。

そう考えると,もっと努力しようというモチベーションが湧いてきます。

1人でも多く人の役に立つということが私の目標なので,そのためには,当然努力が必要です。

そして,その努力は並大抵の努力ではなく,超人的な努力でありたいと思っています。

人の役に立つために極限まで努力するということを日々実行していきたいと思います(^ ^)


スポンサーサイト
2015.04.19 01:15|思索

(「地上の人間にとって完璧な生活を送ることは可能でしょうか」との質問に対して)「それは不可能なことです。が,そう努力することはできます。努力することそのことが性格の形成に役立つのです。」(『シルバーバーチの霊訓(5)』(潮文社)191頁)。
「完全であるように努力しなさいと言っているのです。それが地上生活で目指すべき最高の理想なのです。」(同頁)
「私たちも,どうせ今すぐには実現できないと知りつつ,理想を説いております。もしも私たちが努力目標としての理想を説かずにいたら,与えられた使命を全うしていないことになります。目標の水準は高めないといけません。低くしてはいけないのです。」(『シルバーバーチの霊訓 スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』(スピリチュアリズム普及会)132頁)



このように,シルバーバーチの霊訓には,「努力目標としての理想」を説くという性格があるため,シルバーバーチが言っていることは非現実的,きれいごとを並べているにすぎない,というように思われる方もいらっしゃると思います。

それは,上記のとおり,シルバーバーチが,「今すぐには実現できないと知りつつ,理想を説いております。」と述べているとおり,シルバーバーチ自身,非現実的であることを認めていることからしても,そのように思われるのは当然だと思います。

しかし,シルバーバーチは,霊訓の内容を完璧に実践しなさいと言っているわけではなく,完全に向けて努力しなさいと言っているだけですから,霊訓の内容が非現実的,実現不可能だからといって,信憑性がないと言い切ることはできないんじゃないかなと思っています。

私も結構そうなのですが,シルバーバーチの霊訓を読んでいると,霊訓の内容が全然実践できていないことに気づき,「自分はスピリチュアリストと自覚しているのに,シルバーバーチが言っていることを全然実践できていなくて,ダメダメだ・・・」と自己否定をしがちだと思います。

特に完璧主義な場合,シルバーバーチの霊訓の内容を直ちに完全に実践しないといけないという強迫観念にかられてしまい,そうなると精神的に追い詰められそうです。

ですので,シルバーバーチの言っていることは,「努力目標としての理想」であるということをきちんと理解する必要があるのではないかなと思います。

つまり,シルバーバーチの霊訓で言われている内容を完全に実践できなかったとしても,それほど気にする必要はないと思います。

ただ,難しいのは,「理想を言っているだけなら,別に実践できてなくてもしょうがないじゃん。」ということで,努力を怠ってしまいがちになるということです。

そのため,理想だと分かりつつ,理想に一歩でも近づく最大限の努力をしないといけないということだと思います。

たとえば,シルバーバーチは,「地上生活に何一つ恐いものはありません。」と述べています(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)73頁)。

しかし,何一つ恐いものはないという心境に立ち至るのは,人間である以上,不可能であって,これも理想にすぎないと思います。

地上生活で何も恐怖心を抱かないほど霊的に成長しているなら,そもそも地球で魂の向上を図る段階を超えていて,わざわざ地球に来る必要はないといえそうです。

したがって,人間である以上は,恐怖心は絶対にあると思います。

それを理解したうえで,奮闘努力によって,少しでも減らしていき,何一つ恐いものはないという境地に一歩でも近づくことが,人間に求められていることじゃないかなと思います。

たとえば,死への恐怖についても,完全にぬぐい去ることはできません。

しかし,霊的知識を身につけ,理解を深めていくことによって,死への恐怖心を少なくしていくことは可能だと思います。

同じく,日常生活,仕事などにおける恐怖心,不安についても,自分の最大限の努力によって,少なくしていくことは可能だと思います。

現世では実現不可能な理想と分かりつつも,それを目指して最大限の努力をするというのは,なかなか困難ですが,それが霊性進化の道なのではないかなと思っています。


2015.04.09 02:51|仕事

「地上生活に何一つ恐いものはありません。取り越し苦労は大敵です。生命力を枯渇させ,霊性の発現を妨げます。不安の念を追い払いなさい。真実の愛は恐れることを知りません。その愛が宇宙を支配しているのです。そこに恐怖心の入る余地はないのです。それは無知の産物にすぎません。つまり知らないから怖がるのです。ですから知識を携えて霊的理解の中に生きることです。取り越し苦労の絶えない人は心のどこかにその無知という名の暗闇があることを示しています。そこから恐怖心が湧くのです。人間が恐れるべきものは恐怖心それ自体です。恐怖心は闇の産物です。霊力に不動の信念をもつ魂は恐れることを知りません。」(『シルバー・バーチの霊訓(一)』(潮文社)73頁)



このシルバー・バーチの言葉を何度も読み返して,頭では理解しているはずが,仕事上で,不安・恐れを抱くことは,しばしばあります(>_<)

特に,まだまだ弁護士としてのキャリアが浅い私にとっては,難易度高い裁判,未知の分野の法律相談,聴衆が多い講演会等は,恐怖でしかありません(~_~;)

不安や恐れを感じる度に,シルバーバーチの上記の言葉を思い出したりはするのですが,現実を目の前にすると,どうしても不安感は拭えません。

どうしたら,不安や恐怖を払拭できるのか・・・,ということについては,自分のなかで色々と考えてきましたが,現時点での結論は,「不安や恐れが無くなるぐらい,死ぬほど努力する。」ということです。

たとえば,難易度高い裁判の場合は,訴訟記録を全部暗記してしまうぐらい何度も読み込み,裁判官や相手方代理人弁護士よりも絶対自分の方が証拠に精通しているといえるぐらいにしておきます。

そして,たとえば,証人尋問のときの証人の証言が,証拠と矛盾しているときは,反射的にその証拠の該当頁(甲何号証の何頁とか)が思い浮かび,すぐにその証人を追及できるくらいに鍛え上げます。

また,講演会のような場合は,たとえば「相続と遺言」のようなテーマであれば,相続・遺言に関係するような法律書を徹底的に読みあさり,講演会の質疑応答のときに,何聞かれても,大体は答えられるだろうといえるくらい知識・理解を深めるようにします。

以上の点が実際自分で実践できているかというと,全くそこまではいっていませんが,上記のようなレベルを目指して,必死に努力すれば,不安や恐れというのは,減っていくような気がします。

これは,シルバーバーチが,恐怖心は無知の産物であると言っていることと関係しているように思えて,それは,上記のように自分なりの努力を重ねていけば,自分にとっての無知といえる部分が少なくなっていくから,恐怖心が無くなっていくということなのだと思います。

霊的知識にいくら精通してても,実際問題,たとえば,自分がほとんど知らないテーマの講演会を突然任されて,しかも多数の聴衆がいるような場合,不安や恐れを無くせといわれても,それは無理な話だと思います。

それは,自分なりの努力で,そのテーマに関する無知を無くしていくことで,不安や恐れが減っていくものなのだと思います。

現時点での自分の考えは,以上のとおりですが,日常生活で生じる不安や恐怖については,今後も自分なりに考えていきたいと思います(^ ^)


2015.04.05 01:13|仕事

「私どもにとっては”人のために尽くすこと”が宗教の全てなのです。人のために生きる者こそ最も神に近い存在なのです。」(『シルバー・バーチの霊訓(二)』(潮文社)17頁)
「私たちが説く全教説の基調は”人のために己を役立てる”という言葉に尽きます。」(同書24頁)

  

ただ,人の役に立つと一口に言っても,それ自体抽象的というか,漠然とした言葉であるだけに,普段の仕事上とか生活上で,「これは人の役に立つ行為として,した方がいいのかな。」と考えてしまうことは,少なくないです。

動機が正しければそれでいいとはいっても,実際上どう対応するかは悩むところです(>_<)

たとえば,刑事事件を担当していると,警察署や拘置所で被疑者・被告人と何度も面会することになりますが,そのなかで,被疑者から,「どうしても寒いんで服を買って差し入れてくれないですか?」とか,「本を差し入れてくれないですか?」と言われることがたまにあります。

被疑者に家族とか友人とかがいれば,「いや~,それは家族(友人)にお願いして下さいね。」と断るのですが,被疑者に差入れしてくれる家族も友人もいないというケースもあります。

そういう場合の対応は,弁護士によってそれぞれです。

何人かの弁護士に聞いてみたところ,「いや,それは弁護人の仕事じゃないし,そこまでやってあげる必要ないんじゃない?」という答えが多かったです。

そこで,私はどう対応しようかと悩みました(~_~;)

確かに,弁護人の仕事じゃないと割り切って考えて,断るのも一つだと思います。

しかし,先ほどの「どうしても寒いんで服を買って差し入れてくれないですか?」というケースでいうと,面会室で実際に寒そうにしている被疑者を見て(実際にガタガタ震えている場合もあります。突然逮捕された不安感等の精神的要素も原因だと思いますが。),なかなか断れないですね(~_~;)

やはり,このケースは,暖かい服を差し入れてあげて,(身体的・精神的)寒さを和らげてあげるのが,いいんじゃないかと直観的に思います。

次に,「本を差し入れてくれないですか?」というケースですが,被疑者・被告人は,警察(検察)による取調べがないと,本当にやることがなく,何もしていないと,今後刑事裁判はどうなるんだろうとか,仕事は解雇されてしまうのではとか,家族はちゃんと生活できているだろうかとか,色んな不安が押し寄せてきます。

そういう気を紛らわすという意味で,マンガとか雑誌を差し入れてあげるというのは,ありだと思います。

ただ,私は,マンガとか雑誌等の娯楽系の本の場合は,断っています。

確かに,やることが無いとか,気持ちを紛らわしたいというのは,分かりますが,やはり自分がした罪に対してきちんと向き合って欲しいですし,今後同じ過ちを犯さないためにはどうしたらいいのかを自分なりに考えて欲しいということがあります。

ただ,被疑者が,将来について真剣に考えた末,勾留されている間,時間があるから,資格の勉強をして,釈放されたら,資格をとって,就職に役立てたいなどと建設的な考えができるようになる方も時々います。

そういう場合は,私としても是非応援したいという気持ちになり,資格の参考書を買って差し入れたりしています(今までは簿記の参考書とか差し入れたことがあります。)。

これらの対応が本当にいいのかどうかは分かりませんが,常に「人の役に立つ」という意識を失わないようにしたいです。

人の役に立つには,どうしたらいいのかとか,これが人の役に立つ行為といえるのか,などと考えること自体が,人の役に立つためのファーストステップだと思うので,人の役に立つということを真摯に考えて,自分なりに具体化していくことに努めていきたいです(^ ^)


03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR