2018.01.03 22:36|書籍紹介
幽霊を捕まえようとした科学者たち (文春文庫)
デボラ ブラム
文藝春秋
売り上げランキング: 171,865

原題が『ゴースト ハンターズ』の本書は,その一般受けを狙ったような世俗的タイトルからは想像できないほど良書でした(^ ^)

特に,スピリチュアリズムに興味はあるけれど,いまだ確信が持てないという方の背中を押してくれる本だと思います(^ ^)

また,霊界通信『永遠の大道』などで有名なフレデリック・マイヤーズが,イギリスの心霊研究協会(SPR)を創設していく過程や,自殺した恋人の霊を求めて霊媒の調査に参加したことなど,マイヤーズの生前ことも詳しく描かれているので,すでに霊界通信などを読んでいる方にもおすすめだと思いました(^ ^)

本書は,物理的心霊現象を解明しようとした科学者たちの物語ですが,本書の良いところは,なぜ当時一流だった科学者たちが,その地位や名誉を失うことも恐れずに,心霊現象さらには死後の存在を確信するに至ったかというその経緯が物語形式で具体的に書かれているところだと思います。

たとえば,イギリスの博物学者で,ダーウィンとともに進化論の生みの親とされるアルフレッド・ラッセル・ウォレス(1823年~1913年)は,ダーウィンから強く非難されながらも心霊研究に傾倒していきます。

ウォレスを心霊研究に駆り立てたのは,以下のような考えがあったからでした。

「ウォレスの新たな考えとは,自然淘汰には少なくとも人類に関しては限界がある,ということだった。肉体については,たしかに自然淘汰説で説明できる。肌,髪,筋肉,心臓の鼓動,肺の伸縮,手の形,脊椎のカーブ,そういったものがすべてダーウィンの(ウォレスの)法則にしたがって進化したことは,彼も依然として信じていた。

 だが,精神についてはちがうのではないか,と彼は言う。もしかすると知性や,道徳や,心と呼ばれるこのはかないものは,別の道筋をたどって発展してきたのではないか。われわれの良心は導きによって,まだ発見されていないなんらかの力によって,こしらえあげられたのではないか。宇宙の目的とは,精神の進化を促進するようなものではないか。「地球の物質的な不完全性」さえ,無作為ではなく目的があり,なんらかの高次の力によって計画されているのではないか。」(本書59頁)


本書ではこのように,心霊研究を推し進めた科学者たちが,当時どのように考えていたのかということが,明らかにされている点が非常に面白いです(^ ^)

また,それぞれの科学者たちの性格(たとえば,「物静かなシジウィック,おしゃべりなマイヤーズ,すてきなガーニー」(本書80頁))などがよく分かるのも面白いですし,ペテン師である職業霊媒に何度も悩まされ,落胆させられる科学者たちの苦悩なども描かれていて,興味深かったです。

本書は何を根拠にして書かれているのだろうと思ったら,ハーバード大学ホートン図書館と,ニューヨークのアメリカ心霊研究協会に保管されている膨大な書簡や文書からの引用ということらしいです。

そんな資料は絶対自分で見ることはできないので,それをまとめている本書は貴重だと思います。

本書では,心霊研究に人生を捧げた多くの科学者たちが登場しますが,その科学者たちに共通しているのは,科学者であるからこそ,科学の限界ということを誰よりも感じていたという点だと思います。

たとえば,以下は,イギリスの物理学者で無線通信の発展に寄与し,さらに戦死した息子との通信を著した『レイモンド』などで有名なオリヴァー・ロッジ(1851年~1940年)の考えです。

「ロッジは違和感を覚えるようになった。もちろん,正確な物理法則や優雅な化学式は十分に尊重している。科学には厳然たる真実とすぐれた力がある。だが,崇拝するほどの“真実”や全能の“力”があるだろうか。科学を尊重すればするほど,ロッジはそれが唯一の思考体系だとは思えなくなった。」(本書222頁)


科学で解明できることはたかが知れてると思いますし,科学が万能であり科学的根拠がないものは一切信じないとする考えは,あまりに偏狭だと思います。

本書で紹介されている科学者たちが生きた19世紀から20世紀初頭という時代は,科学が急速に発展し,人々の生活にも多大な恩恵がもたらされて,科学こそ万能だという思想がどんどん支配的になっていった時代だと思います。

そのなかで,地位や名誉などを顧みず,世間や大学内でも変人扱いされ,懐疑論者からは罵倒されながらも,心霊現象の研究のために闘った科学者たちの熱い姿は,心揺さぶられるものがありました(T_T)

スポンサーサイト
2018.01.03 03:06|書籍紹介

この年末年始で宇宙論に関する本を何冊か読んだのですが,宇宙のことを考えれば考えるほど,この宇宙はうまく出来すぎていて,単なる偶然の結果この宇宙が出来たとは考えにくく,シルバーバーチがいうように,神が宇宙を創造したとしか考えられないなあと思いました。

本書で説明されているような最新宇宙論は,文系の私からしたらよく分からないことも多いのですが,本書の第6章「多次元宇宙」のところで述べられている部分などが,シルバーバーチの言葉に沿うような話でもあり驚きました(>_<)

たとえば,本書では「異次元はすぐそばにある」として,以下のように述べられています。

「異次元は特別な場所にあるわけではなく,実は私たちのすぐそばにも,宇宙のかなたにもあります。宇宙のどこにでも異次元があるのですが,ただ,私たちが気づかないだけなのです。」(本書142頁)


この「異次元」というのが,霊界,死後の世界に言い換えられるとしたら,シルバーバーチの下記の言葉とすごく合致している気がします。

「死後の世界とは,要するに今生活している世界の目には見えない側面,耳に聞こえない側面のことです。死んでからではなく今の時点で霊の世界に住んでいるのです。死んでからそこへ行くのではありません。今いる場所に霊界があるのです。その世界の波長ないし振動,その他どう呼ばれても結構ですが,それをキャッチするための霊的感覚を発揮しないかぎり,それが認識できないというにすぎません。別個の世界ではないのです。」(『シルバーバーチの霊訓(十一)』74頁(潮文社)


私たちが認識できないような次元が存在するということ自体,理解しがたいことではありますが,その点について,本書の以下の例えは,とても分かりやすいと思いました。

「三次元空間の外にもう一つの方向,次元があると聞くと,ヘンな感じがすると思います。しかし,これは現実的にあってもおかしくないものなのです。もし,二次元の世界に住んでいる人がいるとしましょう。二次元に住んでいる人にとっては,私たちが床に寝転がっていれば全身を見ることができますが,私たちが立ち上がってしまうと,急に消えたと思うでしょう。二次元の世界の人から見れば,前後,左右以外の三つ目の次元は見えないわけです。しかし,実際には上下という三つ目の次元は存在します。二次元に住む人からすれば三つ目の次元は異次元ですし,前後,左右以外にも上下に自由に動くことができる人は,異次元を移動することができるということになるわけです。」(本書137頁)


そう考えると,私たちの五感では認識できない世界,つまり霊界が存在するということも,より現実感がある気がしてきます。

シルバーバーチの「今いる場所に霊界があるのです」という言葉は,今まで実感があまりなかったのですが,本書で説明されている二次元と三次元の比較の話で,何となく感覚が掴めたように感じました(^ ^)

これに限らず,本書で述べられているような宇宙論とシルバーバーチの霊訓との一致を考えると面白いかもしれないですね(^ ^)

2018.01.02 20:18|書籍紹介
神は妄想である―宗教との決別
リチャード・ドーキンス
早川書房
売り上げランキング: 42,943

『神は妄想である』とは,なかなかセンセーショナルなタイトルですね(^ ^)

著者のリチャード・ドーキンスは,欧米で最も人気の高い生物学者で,1976年に出された『利己的な遺伝子』は世界中でベストセラーになり,本書も発売されるや全米でベストセラーになった超話題作とのことです。

本書は,「はじめに」で書かれているとおり,「この本は,読者の意識を高めること,すなわち無神論者になりたいというのが現実的な願いであり,勇敢ですばらしい願いでもあるという事実を,読者に気づかせることを意図したものである」(本書9頁)ということらしいです。

そして,「今日のアメリカにおける無神論者の社会的地位は,50年前の同性愛者の立場とほとんど同じ」(本書14頁)で,それは無神論者の多くがカミングアウトをためらっているからであって,「私の夢は,そういう人々がカミングアウトする後押しを本書がしてくれることだ」(本書15頁)と熱っぽく語っています。

スピリチュアリズムを普及するにあたっても,無神論者はどういう考えをしているのかというのは理解しておいた方がいいかなと思い,読んでみました(^ ^)

まず,本書の最初のほうで,著者は,下記のとおり述べています。

「ジョン・レノンとともに,宗教のない世界を想像(イマジン)してみてほしい。自爆テロリスト,9・11・・・(省略)・・・それらすべてが存在しない世界を想像してみてほしい。太古の仏像を爆破するタリバンのいない,冒涜者を公開斬首することのない,女性が肌をほんのわずかに見せたという罪で鞭打たれることのない世界を想像してみてほしい。」(本書10頁)


しかし,著者が望むように皆が無神論者になったからといって,宗教の名のもとの争いはなくなったとしても,利己主義,強欲,権力欲などに端を発する争いなどは無くならないと思います。

なので,イマジンするなら,「世界中の人々が霊的真理に目覚め,お互いがお互いのために尽くしあう世界を想像してみてほしい。」と言いたいところです(^ ^)

本書を一応最後まで読み切ったのですが,正直,読み進めるのが苦痛でした(T_T)

全部で約580頁もありますし,一読しただけでは理解できないような部分も多くて,内容の半分以上は,今でもよく分かってないかもしれません(~_~;)

本書は「宗教との決別」をうたっていますが,念頭に置いている宗教は,キリスト教です。

なので,本書は聖書からの引用も多くて,キリスト教や聖書の知識に乏しい私からしたら,途中から読むのがしんどかったです(~_~;)

あと,著者は,神の存在を支持する論証として,目的論的論証,インテリジェント・デザイン論などを挙げて,それらを批判しています。

インテリジェント・デザイン論(ID論)というのは,私は今回初めて聞いたのですが,「『知性ある何か』によって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたとする説」(wikipedia)ということらしいです。

スピリチュアリズム普及会さんのニューズレターでは,「ID論は,スピリチュアリズムの見解と全く同じ思想なのです。」(47号4頁)としています。

確かに,M・H・テスターなどは,特にID論的な説明をしていると思います。

「どこを見ても自然界には見事な意匠(デザイン)がある。その全てを見ることは不可能であり,これからのちも不可能であるが,わずかではあっても,これまでに見ることを得たかぎりでも,ただただ驚異というほかはない。その見事なデザインがあるからには,それを拵えたデザイナーがいるはずである。」(『私は霊力の証を見た』143頁(潮文社))


私としても,この地球の自然界,さらには宇宙全体が,寸分の狂いもない法則に支配されていることを考えると,それをデザインした人知を超えた超自然的な神(大霊)の存在を肯定するというのが,とてもしっくりきます。

しかし,著者は,ID論について,以下のように批判しています。

「設計者という考え方自体がただちに,彼自身(あるいは彼女自身/それ自体)はどこから来たのかというさらに大きな問題を提起するからである。」(本書180頁)

「宇宙を設計し,私たちの進化に導くように慎重かつ予見をもって調整することができるどんな神も,彼が提供しうる説明よりも,彼の存在を理論づけるためのほうにより大きな説明を必要とする,はるかに複雑でありえない実体であるという主張に対して,彼らはどう対処するのだろう?」(本書230頁)


これは確かに,神という超自然的存在を持ち出したとき,その神自体は,どこから来たものなのかという疑問が生まれることになって,結局,説明がつかなくなるというのは,著者の言う通りかなと思います。

すべてが原因と結果の法則に支配されているとすると,宇宙が創造された原因について神という概念まで遡って考えた場合,それでは神自身が作り出された原因は何なのかということになります。

神自身は,原因を必要としない,すべてに終止符を打つ究極の存在だとすると,それって理論的に説明できなくないのかという疑問は,確かに理解できます。

しかし,私たち人間から説明ができないということから,直ちに神を否定したり,神の存在する蓋然性が低いと説明したりすることにも飛躍があるように思います。

宇宙のこと,たとえば,宇宙に果てがあるのかとか,宇宙それ自体一つではなく多数の宇宙が存在するのではないかといったことについても,現在の最新宇宙論でも解明されていないと思います。

宇宙論自体まだまだ発展途上ですので,その宇宙を創造した存在である神を現時点で説明できないからといって,神を否定すべきではなく,少なくとも「現在の科学では説明する手段がない」と論じるべきだと思います。

神(大霊)自体の発生原因などについては,シルバーバーチも特段説明していないと思います。

たとえば,シルバーバーチは,以下のように述べています。

「私は原初のことは何も知りません。終末についても何も知りません。知っているのは 神は常に存在し,これからも永遠に存在し続けるということだけです。」(『シルバーバーチの霊訓(十二)』111頁(潮文社))


シルバーバーチという高級霊でも理解できないと述べているとしたら,神(大霊)がなぜ発生したのか,その原因などについては,地上にいる私たちが理解できる範囲を超えていることは間違いないと思います。

「宇宙は神の反映です。神が宇宙組織となって顕現しているのです。ハエに世の中のことが分かるでしょうか。魚に鳥の生活が理解できるでしょうか。犬に人間のような理性的思考ができるでしょうか。星に虚空が理解できるでしょうか。すべての存在を超えた神という存在をあなたがた人間が理解できないのは当然です。」(『シルバーバーチの霊訓(十二)』110頁(潮文社))


著者の立場からすれば,神は人間が理解できず,説明もできない存在であるとしたら,それは存在しないも同然だということだと思いますが,そのように考えるのは人間の能力や科学の力を過大評価しすぎているように思います。

何かまとまりがなくなってきましたが,私の感想としては以上のような感じで,著者の考えには全く賛成はできないのですが,本書は色々と考える材料は提供してくれたと思うので,簡単に読める本ではないですが,読んでみてよかったと思いました(^ ^)

2017.12.30 23:39|書籍紹介
現代人の処方箋―心霊学に学ぶ
M.H. テスター
潮文社
売り上げランキング: 545,433

前回取り上げた『私は霊力の証を見た』に引き続いてテスターの本ですが,本書もいつものテスター節(?)というか,シルバーバーチの霊訓の理解を前提としつつ,テスター流の分かりやすい言葉で説明している点が良いですね(^ ^)

本書で一番印象に残ったテスターの言葉は,取り越し苦労に関するところです。

シルバーバーチも,取り越し苦労はやめなさいと繰り返し述べていますよね。

たとえば,「取り越し苦労は最悪の敵です。精神を蝕みます。霊界から送られてくるはずの援援の通路を塞いでしまいます。あなたを包んでいる物的・精神的・霊的雰囲気を乱します。理性の敵でもあります。透徹した人生観と決断力という二つの人生最大の味方の妨げになります。」(『シルバーバーチの霊訓(十二)』158頁(潮文社))などと述べられています。

テスターの取り越し苦労に関する説明は,下記の部分ですが,とても的確だなあと思いました。

「あなたは今,何か重荷を背負っておられるだろうか。もし背負っておられるとしたら,それを重過ぎると感じてないだろうか。実は実際の重さよりも三倍も重く感じておられるはずである。」

「今一人の人間が重荷をかついで歩いているとしよう。とても重そうに見える。行くほどにますます重く肩にのしかかってくる。その顔がひきつっている。そこへある人が通りかかって,その荷を見上げて笑った。“ちょっとそれを降ろしてごらんなさい”と言う。降ろした荷をその人が全部ほどいてから,もう一度荷造りをした。それをかついでみると,重さがさっきの三分の一しかない。それだけ余分な荷造りをしていたのである。遠そうに思えた道のりが意外に近く感じられるようになった。思わず口笛を吹きたくなった。」(本書153頁)


試練(重荷)に直面してそれを克服していくことは,霊的成長にとって不可欠だとしても,自分自身のなかの不安や恐怖,さらに過去への後悔などを自分の肩の上にどんどん乗っけていって,もとの重荷をさらに重たいものにしていないか。

重荷の3分の2は自分で勝手にこしらえたものだとすると,テスターがいうように,1回荷物を降ろして荷物を点検してみて,荷造りし直してみれば,現実の重荷って当初考えていたものの3分の1程度ではないか。

これは確かにそうだなと思いますし,またしてもテスターの表現のうまさに感心しました(>_<)

取り越し苦労は,必要以上に重荷を担ぐというだけではなく,先のシルバーバーチの言葉のとおり,霊界から送られてくるはずの援援の通路を塞いでしまうという点で問題ですよね。

その意味で取り越し苦労は最悪の敵で,その取り越し苦労という問題を解消するうえで,テスターの表現,イメージは参考になるなあと思いました。

テスターの本は,これで3冊目でしたが,どれも良書だったなと思います(^ ^)

2017.12.30 00:01|書籍紹介
私は霊力の証を見た―奇跡の心霊治療
モーリス・H. テスター
潮文社
売り上げランキング: 371,799

年末年始は久しぶりに結構休めそうなので,スピリチュアリズム関係の本を読み漁って,レビューしたいと思います(^ ^)

本書は,英国でも指折りのヒーラーとして活躍したM・H・テスターの本で,シルバーバーチの霊訓を読んでいる方であれば,たぶんご存知の方も多いですよね。

本書では,もともと経営コンサルタントで心霊治療とは縁がなかったテスターが,ヒーラーになるまでの経過が詳しく書かれていて面白いです(^ ^)

テスターは,ゴルフを始めたことがきっかけで椎間板ヘルニアになってしまい,その後,様々な治療を受けたものの一向に効果がなく,地獄の苦しみが続いていたところ,エドワード・フリッカーというヒーラーに数分間さすってもらっただけで治ってしまったという奇跡を体験し,テスター自身もヒーラーになっていきます。

テスターの本って,以前に『背後霊の不思議』のレビューのときにも書いたかもしれませんが,小難しい話がなく,すごく読みやすくて好きです(^ ^)

テスター自身も本書でこんなことを言っています。

「私は本を読んでいていつも感じるのであるが,本当によくわかった人が書いたものは平易な文体で書かれていて,しかも要を得ている。実にわかりやすいのである。」

「が,よく知りもせず書いた人の本は文章が冗漫で読みにくく,しかも自分で勝手に用語をこしらえるので,ふだん理解している意味で読んでいくと理解ができないところが出てくる。読み終わってみると,読み始める前よりもいっそうわからなくなっている,といったことになる。」(本書156頁)


これはまさにそうだなと思いますし,私が司法修習生(司法試験合格後の研修)だったときに,指導担当だった裁判官がこれと全く同じようなことを言っていて,「だから一読しただけでスッと理解できるような分かりやすい簡潔な書面を書けるようにしなさい」と言っていたことを思い出しました(^ ^)

なので,テスターの本が分かりやすいのは,ヒーリングやスピリチュアリズムのことなどについて,テスター自身が本当によく分かっているんだろうなと思います。

話を戻しますと,テスターは,自身もヒーラーになろうとする過程で,モーリス・バーバネルと出会い,ハンネン・スワッハー・ホームサークルの交霊会に参加して,シルバーバーチからも,「あなたは人の病気を治すために生まれてきたのです。」(本書53頁)と言われることになります。

さらに,テスターは,シルバーバーチの霊訓を繰り返し読んでいたということもあって,本書のなかでも,シルバーバーチの霊訓に沿うような発言が多いです。

テスターの本のいいところは,シルバーバーチの霊訓を引用するだけとか,単なる受け売りではなく,テスター自身の言葉で分かりやすく言い換えたり,より具体的にそして現実的なレベルで述べたりしている点だと思います。

たとえば,普段の心の姿勢に関する下記の部分はとても参考になります。

「そこで私の持論になる。心の姿勢を意識的に変えることによって,その調節機能を正常に戻すことが出来るということである。怒りと恐怖心が緊張と病的状態を惹き起こすように,その反対のよろこびと呑気さが健康と冷静を呼ぶ。これくらいの理屈なら誰にでもわかるが,私の持論は,そのよろこびや呑気さは本ものでなくてもいい。見せかけであってもいい。自分にそう言って聞かせればいい。つまり自分はしあわせなのだ,心配事は何一つない,全てうまくいくのだと言って聞かせ,意識的に自己暗示にかけるのである。」

「ウソだと決めつける前に,今すぐ試してみることだ。これから一時間,幸福な人間の一人を演じてみることだ。笑顔を作り,声に出して笑い,鼻歌をうたう。誰に会っても明るく挨拶し,今日がとてもいい日で,気分も爽快で快調であることを口に出して言う。ウソでもいい。たとえ調子が悪くても明るく振る舞うのである。」(本書112頁)


シルバーバーチも,「いつも明るく楽天的で愉快な気分を忘れないようにしてください。うなだれてはいけません。」(『シルバーバーチの霊訓(十二)』149頁(潮文社))といったことを述べていますが,常にそのような気分でいることは容易ではありません。

そこで,より現実的にということで,テスターがいうように,とりあえずウソであってもそのように振る舞うというのは確かにそうだなと思いました。

これ以外にも本書には参考になる部分は多いですので,オススメだと思います(ただ,潮文社の自主廃業(?)によって入手困難になったのは残念ですね・・・)。

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

spilaw

Author:spilaw
性別:男性
年齢:30代
職業:弁護士
座右の書:『シルバー・バーチの霊訓』

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR